高額すぎるのはNG!子どもの金銭感覚を守るお年玉の渡し方

by 西山美紀 |

お金

この年末年始、帰省して甥っ子や姪っ子にお年玉をあげるという方もいらっしゃるのではないでしょうか。筆者の個人的な体験談ですが、筆者の片方の祖父母宅では、小学生なら●円、中学生なら●円と一律に決められていて、あげる親も受け取る子どもも、あまり迷いがなかったように思います。

ところが、そういったルールが特にないと、あげる側になったときに、いったいいくらにしたらいいかと迷うもの。「少ない金額だとケチだと思われそう」なんて思いながら、多めにあげてしまうと、子どもの金銭価格を狂わせる危険性があります。せっかくお年玉をあげたのに、その子の親に「もう、こんなにもらったら困る!」とイヤがられては残念ですよね。

そこで、お年玉の渡し方のポイントについて、ファイナンシャルプランナーの鈴木さや子さんにお聞きしました!

 

■大きな金額を渡すと、日ごろのお小遣いの感覚が狂ってしまう

お年玉はあくまでも“新年のお祝いの気持ち”としてプレゼントするもの。そのプレゼントで、子どもの金銭感覚に悪影響を与えてしまうのは考えものですよね。

「小さな子どもは、お金の価値や大切さがなかなかわかりません。でも、おじいちゃん、おばあちゃん、リッチなおじさん、おばさんが、かわいい孫や甥っ子、姪っ子にお年玉をたくさんあげてしまうということがよくあります。

でも、もし小学生に1万円を渡してしまうと、いつもは月数百円のお小遣いでやりくりをしていたのに、あまりの大きな金額に、せっかく培った金銭感覚やお金を大切に思う気持ちが崩れる危険性も。

どうしてもあげたい場合は、子どもが自分で使い道を考えられる程度の金額(1,000円など)をポチ袋に入れて、残りの金額を親御さんに渡すというのも手です」

子どもに、お金の大切さを学び続けてもらうために、お年玉の金額はよく検討するようにしましょう。いくらにするか、その親御さんに相談できるようであれば相談してもいいですね。

 

■親の見ているところで渡すことも大事

また、親の見ている前だと「いいのよ~気づかわなくて!」なんて言われて受け取ってもらえそうにないこともあります。だからといって、こっそりと子どもに直接渡すというケースも問題だそう。

「受けとった子どもの親が把握できずに、お礼を伝えられなかったり、また子どもがもらったお金を上手に管理できなかったりする危険性があります。

お年玉は、親御さんが見ているところであげるか、いないところで渡した場合は“先ほどお渡ししました”と、親御さんに必ず伝えるようにしましょう。

また、金額の目安は、あげる子どもの年齢を考えてみて、“その子が理解できて、自分で使い道を考えられる金額”がおすすめです」

 

いかがでしたでしょうか? 気軽にあげていたお年玉のせいで、甥っ子や姪っ子が金銭感覚がおかしくなって、将来ひどい浪費家に……なんてことにならないように、金額や渡し方について、しっかり考えておきましょう!

 

【関連記事】

※ 意外とかかる医療費を「驚くほどお得に取り戻す方法」3つ

毎年数万円損してるかも…「医療費控除」のポイント5つ

ボーナスを普通預金に入れておくだけで失うもの3つ

身近なアソコを使わないと海外旅行は出発前から大損!

実は損してない?ポイントカード5枚の「オトク率」を徹底検証

 

【取材協力】

※ 鈴木さや子・・・ファイナンシャルプランナー。専業主婦時代、幸せな人生のためにはお金の知識が不可欠と気付き、FP資格を取得。女性からのマネー相談に応じたり、子連れで行けるマネー教室や、貯まる仕組みを作れる実践型講座「スマート家計入門」を毎月開催。金融教育にも力を入れている。BlogFacebookTwitter:@sayako_sz