いくつ当てはまる?「自分をどんどん不幸にしてしまう」NG悪習慣9個

by MOE |

人間関係, , ,

皆さんは、自分のことを幸せだと思いますか? 時期によって、幸せだったりあまり幸せじゃなかったりするでしょう。でも、幸せは歩いてやってきてはくれません。

じつは自分のことを不幸と感じる人には、不幸になる悪習慣があります。今の自分に幸福感を感じない人は、気付かぬうちに不幸になる悪習慣が身についているのかもしれません。

今回は、アメリカの情報サイト『ELITE DAILY』を元に、自分を不幸にしてしまう悪習慣を9個ご紹介します。ぜひ、ご自身に当てはまっていないか一緒に確認していきましょう。

 

■1:噂話をする

自分が幸せであれば、他の人は全く気にならないはずです。噂話をしている人は、ジェラシーを抱えていて哀れなのだと思いましょう。

 

■2:ネガティブ思考

不幸な人は、常に全てにおいて不平を言っています。楽観的で幸せな人は、常にポジティブに物事を考えています。考え方をポジティブにしてみることで、必ず幸せになれます。

 

■3:他人と比較する

幸せな人は、他人に対して嫉妬心を抱きません。なぜなら、自分と他人を比較しないからです。自分が幸せなことを認識しています。そのため、他人の成功や幸せを素直に一緒に喜ぶことができるのです。

 

■4:他人の評価を気にする

幸せな人は、他人の期待に応えるために生きていません。自分の価値をきちんと把握しているので、自分のためになることをし、自分を成長させています。

 

■5:恨んだりリベンジしようとしたりする

嫌なことは人生においてたくさん起こりますが、それをいつまでも恨んでいては、自分を傷つけているのと同じです。起きてしまったことは過去のこと。変えるのは不可能です。恨むことは、ストレスになるだけで、自分をさらに不幸にします。その怒りを手放してみましょう。

 

■6:人の意見を聞かない

人それぞれ、生きてきたバックグラウンドや経験が異なります。自分と異なる意見を見下したり、自分の意見を他人に押し付けたりすることは柔軟性がなく、視野を狭くするため、幸せにはなれません。人の意見や考えもきちんと聞きましょう。

 

■7:期待しすぎる

期待は、だいたい自分の思い通りにならない結果になります。そのため、期待する心を持たずに大きな心で物事に飛び込んでみましょう。期待するから、結果が悪いと落ち込んでしまうのです。

 

■8:考えすぎる

考えすぎは、問題をただ大きくしてしまうだけです。ほとんどの口論の原因は、考えすぎからきています。ストレスや不安が溜まるだけで、結局ネガティブな結論しかでません。幸せな人は考えすぎません。

 

■9:過去に生きる

過去はどんなに頑張っても過去でしかありません。過去を変えることはできません。幸せな人は過去に生きるのではなく、未来にフォーカスして生きています。

 

以上、自分を不幸にしてしまう悪習慣を9個ご紹介しましたが、いかがでしたか? 幸せな人は、自分の価値を知っていて、一生懸命生きているため、他人と比べたり、他人の目を気にしたりしません。自分の人生を楽しんでいる人は、幸せな人なのです。

ネガティブに考えてしまうことは、生きていればたくさんあるでしょう。そんな時は、ぜひこの法則を思い出して下さいね。

 

【関連記事】

それじゃ一生貧乏のまま!? お金持ちと貧乏な人の習慣の違い7個

朝の過ごし方で人生が劇的に変わる?成功者が必ずやる5つのこと

脱ネガティブ!不幸を追い払うコツは「背中」にあった

ついてない原因は「邪気」?負の連鎖をストップする方法3つ

人気者の共通点はコレ!「ユーモアスキル」を磨く方法3つ

 

【姉妹サイト】

※ 当てはまったらヤバすぎ!「今すぐ休暇をとるべき」危険な6つの兆候

※ ストレスはあったほうがいい!? 辛い時に人が成長する本当のワケ

 

【参考】

15 Things Happy People Don’t Do – ELITE DAILY