手軽にデトックス!汚れきった肝臓をクリーニングしてくれる食品6個

by MOE |

健康・病気, , ,

皆さんは、デトックスをしたことがありますか? 日本で流行しているデトックスは、酵素やファスティング、グリーンスムージーなどが一般的でしょう。どれも目的は、消化器系を強くして、便通をよくすることですよね。

しかし、本当にデトックスに大切な臓器がどれなのか知っていますか? その臓器をキレイにしなければ、結局は老廃物を貯め込んでしまい、身体が汚くなっていきます。

その大切な臓器とは、“肝臓”です。肝臓は痛まない臓器として有名なので、気付かぬうちに老廃物が蓄積されていきます。そうして老廃物が蓄積されると、病気の引き金にもなります。

肝臓は唯一、空気汚染による害や、薬の害などを分解してくれる臓器なのです。この臓器の代わりになる臓器は一つもないのです。

今回は、そんな大切な肝臓をクリーニングしてくれる食品を、アメリカの健康サイト『body+soul』の情報を参考にご紹介します。誰もが簡単に家でできる事なので、ぜひ試してみて下さい。

 

■1:レモンジュース

朝起床してすぐに、ホットレモンウォーターを飲むと、肝臓が起きるといいます。レモンは神経とホルモンを活性化させ、肝臓と消化機能を良くしてくれます。動きの遅くなった内臓を良くしてくれるので、疲労が残っていたり、身体が重く感じたりする時は積極的に飲んでみましょう。

 

■2:キャベツやブロッコリー

キャベツやブロッコリーにはグルコシノレートという成分が含まれます。グルコシノレートは硫黄を含みます。そのため、肝臓をダメージや毒素、過剰なホルモンの放出から守ってくれます。

 

■3:ターメリック

カレーの黄色い成分であるターメリックには、抗炎症効果があります。ターメリックの抗炎症効果は全身に効くため、肝臓のウイルスや空気感染から守ってくれます。

 

■4:水分

水だけでなくお茶やハーブティーでも効果はあり、肝臓に蓄積した毒素を排出してくれます。水分が体内に不足すると、胆石になりやすくなり、肝臓に負担がかかります。

 

■5:亜鉛

亜鉛は体内を正常に動かすために絶対になくてはならない成分です。とくに、肝臓でアルコールや毒素を分解する時に必要です。お酒を飲む際には、一緒に亜鉛を摂取すると、肝臓に負担をかけずにアルコール分解を早めてくれます。

 

■6:メチオニン

メチオニンは体内のアミノ酸のひとつで、肝臓疾患を治療する薬として処方されています。肝臓をデトックスする際に必要不可欠な成分です。肝臓を守ってくれるので、摂取するようにしましょう。

メチオニンが多く含まれる食べ物は、鶏肉、牛肉、マグロ、カツオ、チーズ、大豆食品、牛乳です。

 

以上、肝臓をクリーニングしてくれる食品をご紹介しましたが、いかがでしたか? 

デトックスにおいて重要な臓器は、消化器系と肝臓です。肝臓は痛まない臓器だからこそ、毒素が蓄積されやすいので、意識しながら定期的にデトックスをして下さいね。

 

【関連記事】

飲み会続きで倒れないための「肝臓を徹底的に守る」飲み方とは?

20代でも脳年齢が50歳!? 脳にダメージを与える10個の悪習慣

あなたの肺は大丈夫?自分でできる話題の「肺クレンジング法」

疲れ解消のカギは○○?覚えておきたいデトックス食材8個

意外!デトックス効果が期待できるのは赤より「白ワイン」

 

【姉妹サイト】

※ 働く女子に密かなブーム!? 更年期に備える「尿チェック」の目的とは

※ 美の万能薬!? ミランダ・カーが毎日食べている●●がとにかくスゴい

 

【参考】

10 tips for liver detox – body+soul