どんどん巧妙化してる!知っておきたい「母さん助けて詐欺」の手口とは

by 西山美紀 |

生活, , ,

『WooRis』の過去記事「警戒していたのに500万円の被害に!“警察沙汰”で判断を鈍らせる詐欺の手口」や「自分は絶対に騙されない!という人こそ騙される“電話詐欺を防ぐ”5カ条」などで取り上げた“母さん助けて詐欺”ですが、「まさか自分はひっかかるわけがない!」と思っている人でも引っかかってしまうケースが続出しています。

そこで、アディーレ法律事務所の篠田恵里香弁護士に、“母さん助けて詐欺”で、よくある手口を教えてもらいました。事前にしっかりチェックしておき、いざというときにひっかからないように十分注意しましょう。

 

■“電話番号が変わった”“急いでほしい”などの言葉に要注意!

「母さん助けて詐欺の話術の共通点として、“電話番号が変わった”“声の調子がおかしい”“大きなトラブルにあった”“非常に困っている”“急いでほしい”という趣旨の話がされる、という点があげられます」

例えば、電話番号が変わった場合は、まずは電話ではなくメールで知らせるなど、普段から親子でルールを決めておくと、詐欺にあうことを防げるかもしれません。

 

■どんどん巧妙になっていく犯人の手口に気を付けて!

犯人は、常に詐欺の手口について考えているため、どんどん巧妙になっているといいます。

「銀行で多額の現金を振り込む際には、銀行員が、詐欺の防止のために“どのような目的ですか?”と聞くケースがあります。犯人は先まわりをして、“もし、銀行で振り込みの理由を聞かれたら、海外旅行だと言ってください”などと言う場合もあるため、気をつけてください」

最近は、官公庁や警察、弁護士などを名乗るケースも増えているそう。

「電話の相手が、官公庁や警察、弁護士を名乗る場合は、所属部署・氏名を確認しておきましょう。そして改めて、その部署に電話をして、同人物が所属しているかを確認するというのも一案です。ちなみに、警察署からの電話は、基本的に番号の末尾が“110”となるので、確認してみましょう。

弁護士を名乗る場合は、法律事務所名と弁護士名を確認し、日本弁護士連合会のHP上で弁護士登録の有無を確認するほか、法律事務所に連絡を入れるという方法もあります」

 

以上、“母さん助けて詐欺”にあわないために、覚えておきたいことをお伝えしましたが、いかがでしたでしょうか。事前に対策を知っておけば、もしも電話がかかってきても被害にあうことを防げます。ぜひ、自分自身で頭に入れつつ、両親など周りの人にも伝えておいてくださいね。

 

【関連記事】

明日は我が身!? 万一「母さん助けて詐欺」の被害にあったらすべきこと

事例から学ぶ!オレオレ詐欺の新パターン「母さん助けて詐欺」の手口とは

※ 様々な登場人物で撹乱!「警察からの電話」だと信じ百万円振り込んだ被害例

 

【姉妹サイト】

※ 慌てて直してもバレバレ!知らないと激ヤバな「Facebook」のワナ2つ

※ 横に裸のオヤジが!? 思わず目が点になる飛行機内のトンデモ乗客

 

【取材協力】

※ 篠田恵里香・・・弁護士法人アディーレ法律事務所。 パートナー弁護士(東京弁護士会所属)。男女トラブル、交通事故問題などを得意分野として多く扱う。また、離婚等に関する豊富な知識を持つことを証明する夫婦カウンセラー(JADP認定)の資格も保有している。外資系ホテル勤務を経て、新司法試験に合格した経験から、独自に考案した勉強法をまとめた「ふつうのOLだった私が2年で弁護士になれた夢がかなう勉強法」(あさ出版)が発売中。公式ブログ「弁護士篠田恵里香の弁護道」も更新中。