娘を不幸にしたくないなら!まず母親がすべき「たった1つのこと」

by 中田綾美 |

子育て, , ,

男の子と女の子。お母さんにとって育てやすいのはどちらかというと、「やっぱり同性の娘のほうが……」という声が多いのではないでしょうか?

でも、以前『WooRis』の「娘が離婚の危機に!? 互いに自立できない“友だち母娘”の落とし穴」という記事でもお伝えしたように、同性ゆえの難しさもあるようです。

娘は息子以上に母親の影響を受けやすいといいます。それゆえ、母親が娘の人生の幸福度を大きく左右するといっても過言ではないでしょう。

では、娘を幸せにするために、お母さんはどうすればいいのでしょうか? 実は、たったひとつのことを実践するだけでOKなのだというのですが、いったいそれは……?

そこで今回は、子育てチェンジセラピスト・川井道子さんの著書『幸せな母娘関係を築く 女の子の育て方』をもとに、“娘を不幸にする母親”と”幸福にする母親”との違いについて、お届けします。

 

■“子どものために自己を犠牲”にする母親が娘を不幸にする!?

「あなた(娘)のため」「私のことより子ども優先で」そんなことを考えたり、口にしたりすることが多くないでしょうか?

もちろん、わが子は自分の命にかえても守りたい、かけがえのない存在。「娘に幸せになってほしい」というのは母親として自然な感情でしょう。

しかし、「娘の幸せのためなら自分は犠牲になってもいい」と思いつめては、かえって娘を幸福から遠ざけてしまうようなのです。

<お母さんの気持ちを察して、同化しやすい娘さんの場合、“母親が幸せでないのに、自分だけ幸せになってはいけない”、“母親以上に幸せになれない”といった心のブレーキがかかることがあります。

すると、娘さんは何歳になっても、無意識のうちに幸せを避けたり、わざわざ不幸を選ぶような人生を送る例も少なくありません。“自分だけが幸せになること”に大きな罪悪感を感じてしまうんですね>

さらに、「あなたのせいで仕事を辞めなくちゃならなかった」「あなたがいるから離婚できない」と愚痴を言ったり、口にしなくても態度に表したりしていれば、子どもは「自分のせいでお母さんが不幸なんだ」「自分には生きる価値がない」などの深刻な思い込みをもってしまうリスクも高まるといいます。

「娘さえ幸せになれれば」という自己犠牲の精神は、娘の人生にとって決してプラスにはならないのです。

 

■まずはお母さんがハッピーに!

では、娘を幸せにするために、どうすればいいのかというと……まずはお母さん自身が幸せになること! お母さんが毎日を生き生きと喜びに満ちて過ごすことが、そのまま娘の幸せにつながるといいます。

とはいえ、これまでずっと“子ども第一、自己犠牲”の精神で生きてきた人だと、いきなり「まずはお母さんが幸せに」と言われても、どうすればいいのかわからないのではないでしょうか? なかには、「今の自分を変えるために何か努力する必要があるのでは?」なんて深刻に受け止めているかたもいるかもしれませんね。

川井さんは“お母さんが幸せに生きる”ことについて、こんなアドバイスをしています。

<ただ、今の自分のありのままを見つめ、これまでがんばってきたことを認め、すべてを受け入れること、かもしれません。

あなたが、あなた自身にOKを出せたとき、きっと娘さんのこともまるごと受け入れてOKが出せるようになるのではないかと思います>

何か特別なことをするというより、“娘に依存せずに自分らしく生きる”ということが大切なのかもしれませんね。

 

以上、娘を幸せにするために母親がしてやるべき“たった1つのこと”についてお伝えしましたが、いかがでしたか?

「娘の幸せのためには、こうあらねばならない」という義務感にとらわれるあまり、ついイライラと子どもを怒ったり、一緒にいる時間を楽しめなかったりすることはないでしょうか?

まずはお母さんが自分を認め、自分の自己肯定感を高めることで、母子ともにハッピーになる道を見つけましょう。

 

【Specialコンテンツ(PR)】

我が子の成長を実感…!「いつでも子どもを見守りたい」ママの強~い味方とは

キレイなママさんはみんな使ってる! 美容家も唸る「自然派化粧品」が凄い

※ ママ友から視線が痛い…アラフォー女性が「薄毛を実感するシーン」3つ

 

【関連記事】

「いい子だね」は逆効果!子どもの反感を買う親のNGな褒め方

恥ずかしがってないで!「子どもを思い切り抱きしめるべき」5つの理由

何気ない言葉が「心の体罰」に!子どもの芽を摘む危険な言葉3つ

子どもが素直に育つ魔法の「あいうえお言葉」とは?

 

【姉妹サイト】

※ ただの専業主婦はイヤ!結婚してからも「家事と両立できる」お仕事4選

※ 秋から増加!乳児が重症化しやすい「RSウイルス感染症」に注意

 

【参考】

川井道子(2012)『幸せな母娘関係を築く 女の子の育て方』(すばる舎)