ハードだけど効果抜群!ぽっこりお腹や太ももを鍛える「W腹筋」とは

by 望月理恵子 |

生活, , ,

食欲の秋ですね。旬の美味しい食べ物の誘惑も多いこの季節。でも注意しなくてはならないのが、秋の食材である栗や芋、かぼちゃなどは、糖質たっぷりだということ。食べ過ぎると、体重にも反映されちゃいます。

そこで今回は、美味しいものを食べても、ぽっこりお腹や太ももなど、体型を気にしなくても良いように、チアリーダーの安田友梨香さんに体型をキープできる効果的な腹筋の方法を伺いました。

 

■筋トレはキツければキツい程良い訳ではない

今回紹介する筋トレは、自衛隊などで使われる腹筋を元にした筋トレです。少しきついかもしれませんが、腹筋にとても効果的なのはもちろん、太ももなどにも効果があるそうです。

芸能人も実践しているというほど、効果があるこの腹筋。初めは辛いかもしれません。筋トレは強度をつけないと効果は期待できませんが、かといって無理にキツすぎると、筋肉が損傷してしまいます。だんだんとレベルを上げて、自分に無理のない程度で実践するのがいいですね。

 

■ぽっこりお腹を撃退する“W腹筋”とは

さて、食欲の秋に太らないための“W腹筋”をご紹介します。

(1)仰向けになった状態で、ふくらはぎの辺りで枕やクッションなどを両脚で挟み、足を真っ直ぐ伸ばします。

(2)膝を曲げずに、脚を真っ直ぐに伸ばした状態のまま、両脚を左斜め前にできるだけ高く上げます。

(3)その両脚が曲がらないように、左斜めの方から右斜め下へと、脚を下ろします。できる限り下の方まで下げ、足が床につかないようにします。

(4)3の状態から、“W”という文字を描くように脚を上げ下げします。脚がバラバラになったり、枕を落としたり、膝を曲げたりしないように意識しましょう。

(5)4まで終わったら、そのまま脚を下ろさず、右上からまたW字を描きます。

この筋トレの目安は、左から5回、右から5回の計10回。ですが、続けて10回はかなり辛いので、5回×1セットに分けて、少し休みながら行うといいですね。

 

いかがでしたか? 辛い筋トレをした後は、筋肉や身体を痛めないようにゆっくりと筋肉を伸ばしましょう。

うつ伏せになって背中を反らすように、手を地面につき上体を起こしたり、脚をマッサージしたり、筋トレ後のケアも大事にしましょう。自分にあった回数、リズムで無理せずに実践し、食欲の秋を太らずに乗り切りたいですね。

 

【関連記事】

※ チアリーダー直伝!スポーツをしても“メイク崩れしない”肌づくりの秘訣2つ

※ 魅せるカラダになる!チアリーダーに学ぶ「スクワットダイエット」の秘訣

※ 歩く習慣のない人は要注意!美脚の条件は「足首のくびれ」にあると判明

※ 驚愕の事実!顔のシワ・たるみを防ぐには「頭蓋骨ケア」が必要と判明

※ アソコを測るだけ!病気になる前にやるべき「メタボ」セルフチェック方法

 

【姉妹サイト】

※ おばさん眉は最悪!見た目年齢-5歳の「眉アンチエイジング」とは

※ お弁当に取り入れたい!脂肪を燃やす「天然のダイエット食材」7種

 

【取材協力】

※ 安田友梨香・・・現在、大学にて経済学を学ぶ、大学2年生。高校生からチアリーディングチームに所属し、現在もチアリーディングをしている。映画、音楽なども幼少期から研究している。