ちょっと待って!日本人が間違えやすい英会話表現「Good」の落とし穴

by 並木まき |

生活, , ,

英会話シーンで便利に使える単語のひとつとして“good”を覚えている方も、少なくないでしょう。

では、外国人から招かれたパーティなどで「How was the party?」と感想を聞かれたとき、アナタはなんと答えていらっしゃるでしょうか? もし「It was good!」と答えている場合には、その英語、もしかしたらとっても奇妙に聞こえているかもしれません!

デイビット・セイン氏の著書『日本人のちょっとヘンな英語2』では、“good”という単語は、私たち日本人が使い方を間違えやすい英語として、紹介されています。

いったい、「It was good.」の、なにがNGなのでしょうか? 知らないで赤っ恥にならないように、早速見ていきましょう!

 

■「How was the party?」には「It was great!」が正解

冒頭の質問を受けた場合、正しく返事をするには「It was great!」が正解なのだそうです。

その理由として、このような問いかけに対して「It was good.」と答えてしまうと、「パーティはまぁまぁでした」というニュアンスにとられてしまい、ネイティブからすると違和感のある会話になってしまうことが指摘されています。

日本人は“good=よい“と覚えている人も多いと思いますので、コレは要注意ですね。

 

■“good”のカンタンな使い分けとは

同著では、goodは日本人にとって使い方によっては便利な単語になるといいます。

goodを使用しながらネイティブに伝えるニュアンスを使い分けるコツは、自分など身内のことを話すとき、つまり謙遜しながら話すときには“good”を使い、相手をほめるときには“great”や“fantastic”というように使い分けをすると覚えやすいといいます。

なるほど、これはわかりやすいですね。

 

以上、私たち日本人がつい多用してしまいがちな“good“という単語についての注意点をご紹介しましたが、いかがでしたか?

発音もしやすく、ポジティブなイメージのある“good“は便利な単語としてつい多用してしまうこともあるかもしれませんが、使う場面によってはおかしな表現と思われ、赤っ恥……なんてことは絶対避けたいですよね。

今回お伝えしたようなカンタン使い分けテクを覚えておいて、ネイティブと会話するときにはぜひ役立ててみてくださいね。

 

【Specialコンテンツ(PR)

※ ママ、きれいに撮ってね!「入学式で後悔しない」一眼カメラを選ぶ3つのポイント

※ 誰もが知ってる〇〇がお肌の救世主に? 医師が注目する驚きの美肌成分を試してみた

忙しいママ専用!「保湿と浸透」にこだわったコスパ抜群の時短スキンケア

 

【関連記事】

※ 知ったかぶると料理も大失敗!正しく知りたい「英語レシピの定番単語」

※ これじゃ全然通じない!日本人が間違えやすい「英語人名の読み方」

※ ちょっと待った!実はアメリカで使わないほうがいい英語表現3つ

※ 「いただきます」言える?覚えておきたい食事に関する英語表現11個

※ 悩みの種…小学校の正式教科「英語」教育はいつから始めるべき?

 

【姉妹サイト】

※ 上戸彩に学ぶ!「男が結婚したくなる女」になるための極意3つ

※ これが先輩女性のホンネ!「仕事と家庭の両立」の現実が調査で判明

 

【参考】

※ デイビッド・セイン著 (2014)『日本人のちょっとヘンな英語2』(アスコム)