子どもの視力が低下中!親として注意したい「目のトラブルの原因」とは

by 吉田和充 |

生活, , ,

学校校保健の現場で日々、児童・生徒と接している養護教諭のアンケートによると、生徒の視力低下が進んでいると答えた教員が90%にものぼるようです。確かに、“最近子どもの視力が落ちたので眼鏡にしようか悩んでいる”という声をよく聞くようになりました。あなたのお子さんの視力はいかがでしょうか?

そこで今回は、使い捨てコンタクトレンズを提供する、ジョンソン・エンド・ジョンソン株式会社ビジョンケアカンパニーが行った学校養護教員へのアンケートを参考に、“子どもの目にまつわるトラブル”を紹介します。

 

■原因はやはりスマホ?

アンケートによると、なんと9割を超える教員が“生徒の視力が低下している”と答えています。そして、その原因について聞いてみたところ、“携帯、スマホ”が原因であると考えている教員が最も多かったというのです。

また小学校では“携帯型ゲーム”という結果が出ており、いずれも使用し過ぎで視力が低下していると考えられています。その他、視力低下の原因と思われているものは、パソコン、テレビがあげられています。

最近は、外でも集団で携帯ゲームをしているような子ども達をよく見かけますが、1日の使用時間を決める、決まった場所でしか使わせないなど、視力低下を避けるためにも、子どもの携帯ゲームやスマホ使用には、約束ごとを決める必要があるかもしれません。

 

■トップ原因はコンタクトレンズの不適切な使い方

一方、目のトラブルの原因1位は、“コンタクトレンズについての正しい知識不足”からくる、“不適切な使用”だと考えられています。

こういったトラブルを抱えているのは、意外にも高校生が多いというのです。眼科を受診せずに、購入するカラーコンタクトレンズも原因として考えられています。

初めて使用するコンタクトレンズがカラーコンタクトレンズ、という高校生も少なくないようです。こうしたトラブルは、視力低下の原因にもなるので、正しい使用方法を知っておくことが大切になってきます。

 

以上、“子どもの目にまつわるトラブル”でしたが、いかがだったでしょうか。スマホやパソコンの画面から発せられ、目に悪影響をあたえるブルーライトは、長時間見ていると、相当目が疲れることを実感する人も多いのではないでしょうか。

特に子どもが小さいうちは、親がこういった状況を知って、子どものスマホや携帯ゲームの使用を管理する必要があるかもしれません。

 

【関連記事】

※ 子どもの視力は低下傾向!親が気をつけるべき4つのこと

※ 「アプリ」に頼るのは危険!? スマホが子どもの発達に与える影響

※ 輸入品はとくに警戒を!被害続出の「違法カラコン」のヤバい実態

※ トラブル急増中!弁護士が教える「まつエク施術」被害時の対処法

※ 目からウロコ!目の発達には「7歳までの過ごし方」が重要だった

 

【姉妹サイト】

※ ママは知っておいて!小児科医が語る「注意すべき夜泣き」の特徴とは

※ 飲むヨーグルトはスティック13本分!知ると怖い飲み物の砂糖量

 

【参考】

※ 眼科を受診せず、おしゃれ用カラコンを購入している生徒が増加!? − ジョンソン・エンド・ジョンソン株式会社 ビジョンケア カンパニー