周囲のテンション下げちゃうかも?旅行先で「ドン引きされる」NG行動4つ

by 並木まき |

人間関係, , ,

秋は紅葉や旬の味覚など行楽シーズンですので、女友達や恋人と旅行に出掛けるという方も多いでしょう。

でも、旅行は朝から晩まで一日中一緒にいることから、普段会っているときには気付かなかった他人の一面を知り、イライラしたりドン引きしたりした経験はありませんか?

そこで今回の記事ではランキングサイト『gooランキング』の調査情報も参考にしながら、一緒に行く人のテンションを下げてしまうかもしれない、“旅先でのNG行動”についてお伝えします。

 

■1:他人任せにする

観光メニューを選ぶときや、レストランをチョイスするとき、全部他人任せにするのは負担をかけすぎてしまうことも。せっかくですから、スマホを持っている人は現在地検索なども上手に使って、周辺の情報をリサーチするようにしましょう。

プランを立てるのが趣味! という人と一緒の場合を除いて、プランはみんなで決めるほうが充実した旅行になる可能性が高まりますよ。

 

■2:文句や批判ばかり

旅先で行った観光地が思った雰囲気と違ってガッカリ……、または、入ったレストランがネットの情報と違って美味しくないお店だった……などと旅行では様々なハプニングがつきものですよね。

グチグチと批判したくなる気持ちもわかりますが、探す人や決める人にしてみれば、参加者全員に配慮しながらあれこれと考えて選んでくれたわけです。ちょっと不満に感じたとしても、明らかに不機嫌な口調で感想を言うのは控えましょう。

 

■3:ケチる

恋愛でも友情でも金銭感覚が違うと楽しみ方も異なってきますが、旅先での“ケチるような言動”は、参加者のテンションを一気に萎えさせてしまいます。

とくに観光地は物価が割高なこともありますが、多少「無駄遣いかな」と感じたとしても、楽しい思い出を作れると思えば安いものだったりするのでは? お金の問題は、時に人間関係にヒビを入れるので気をつけておきたいところです。

 

■4:ペースが違いすぎる

ホテルなどではバスルームやドライヤーを共有しなくてはならないこともありますが、他人のペースに合わせるのが苦手……という人もいらっしゃいますよね。でも、旅行のときにかたくなに自分のペースやルールを守ろうとすると他人に迷惑をかけていることも。

みんなが起きているのに一人だけ寝ていたりフラッとどこかに行ってしまったり……。クルマでの旅行の場合には運転者に気遣いもなく助手席でグーグー寝てばっかりという行動も避けたいところです。

 

以上、友人や恋人などと旅行にいく際、周囲のテンションを下げてしまうかもしれないNG行動を4つお伝えしましたが、いかがでしたか?

旅先から戻ってきたら、人間関係がぎこちなくなってしまった……ということは絶対に避けたいですし、せっかく出掛けるのですから、どうせなら楽しい思い出だけを作りたいですよね!

もし思い当たる点があった方は、ぜひ気をつけてみてくださいね。

 

【関連記事】

悲惨なトラブルにあう前に!「海外旅行の安全対策」基本中の基本6つ

※ 急な病気やケガに「これないとマズイかも!」子連れ旅行の必需品9つ

※ 旅行直前に子どもが体調不良!行くか否か「症状別判断ポイント」5つ

※ 旅行前の荷造りストレスから開放!スグ実践できる「パッキング術」5つ

※ ママ必見!専門ライターが語る「子連れ鉄道旅行の悩み」解決法4つ

 

【姉妹サイト】

※ 悪口にうわさ話!働き女子のための「職場ゴシップ」賢い対処法3つ

※ 40代独身女性の半数以上が「彼氏はいらない」という驚きの結果に

 

【参考】

旅行中にひいた恋人の行動ランキング – gooランキング