これで「冬眠グマ化」を回避!基礎代謝を上げてスリムを保つ8つの秘訣

by 相馬佳 |

生活, , ,

涼しくなり、食べ物が美味しい季節になりましたね! しかし、美味しい食べ物を思うままに食べていると、寒さから体を守るために、脂肪をたっぷり溜め込んだ“冬眠グマ体型”になってしまうかも! そんなときに、もこもこのダウンコートなんて着たらもっとヤバいことに……!

秋冬こそもうちょっと踏ん張って、メタボ体型に陥るのを阻止したいもの。そこでハワイのテレビ局『KITV』ウェブサイト記事を参考に、基礎代謝を上げて体型維持する方法をご紹介しましょう!

 

■1:朝ごはんをちゃんと食べる

涼しく寝やすい季節になると、つい寝坊して「朝ごはんを食べる時間がない!」なんてことになりがちですが、それじゃダメ! まず起きたら、栄養価の高い朝ごはんをきちんと食べることで1日を始めましょう。

そうすることで、体にエネルギーを与えることができ、代謝が活発になります。

 

■2:寒くてもエクササイズ

この季節こそ、いつもより1時間早く起きて外に飛び出しましょう!

早朝の爽やかな空気の中、ウォーキングかジョギングをして心臓の動きを活発にすることで、基礎代謝が上がるうえ、脳内に快楽物質が分泌されて1日いい気分になれること間違いなし!

 

■3:辛いものを食べる

辛いものが得意な人は、タイ料理や韓国料理など、スパイスが効いたエスニックフードを食生活に取り入れましょう。

カイエンペッパーなど、ぴりっと辛いスパイスが入った食品を食べることで体温や発汗作用をアップすると、代謝が上がるそうです。

 

■4:おやつはダークチョコレート

「体型をキープしたいから間食ナシ!」なんてあまり厳しくするとつらくなってきてしまいます。

おやつには、カフェインやカテキンなど、基礎代謝をアップしてくれるという栄養素が詰まったダークチョコレートをどうぞ! チョコレートを選ぶ際は、カカオ含有率が多く糖分が少ないものをチョイスしてくださいね。

 

■5:野菜を食べる機会を増やす

お腹が空いたら、まずはカロリーの少ない野菜をモリモリ食べて、食欲を満たしましょう。しかし、カロリーたっぷりのドレッシングをかけていては元も子もないので食べ方にはご注意を!

野菜をたっぷり入れたあつあつのキムチ鍋なども効果がありそう!

 

■6:水分補給を忘れない

夏と違って発汗が少ない秋冬の季節は、ついつい水を飲むことを忘れがち! 体内で水分が不足すると、血液の循環が鈍くなり、酸素が足りなくなって頭がボーっとしたり、代謝が落ちたりといいことがありません。

1日中、意識的に水分を補給することをお忘れないように。ちなみに、お砂糖たっぷりのジュースやアルコールじゃダメですよ!

 

■7:寝る前に低カロリーのおつまみを食べる

一般的には“睡眠前に食べると太る”と言われていますね。

でも、ナッツ類や野菜、ヨーグルトなど、低カロリーで栄養価も高い食品を食べてから就寝すると、睡眠中も体がエネルギーを燃焼するため、代謝がアップするそうです!

 

■8:十分な睡眠時間をとる

秋冬の季節、これなら簡単にできそうですね! 夜はあまり出かけずに、家で静かな時間を過ごしつつ筋力エクササイズなどをしたら、7時間睡眠を目指してベッドに入りましょう。

眠ることでストレス解消やアンチエイジングにも繋がり、基礎代謝もアップして朝もエネルギーが回復してスッキリ起きられる、といいことばかりです!

 

以上、これから寒くなる季節に基礎代謝を上げ、メタボ体型に陥るのを阻止する方法をお伝えしましたが、いかがでしょうか?

寒くなってくると体を動かすことが面倒になるかもしれませんが、こんな季節こそ活発になりたいもの。生活習慣を整えつつ、部屋に閉じこもって“冬眠”せずに、メタボ解消に向けての努力をお忘れなく!

 

【関連記事】

知らぬ間にメタボが進む!「基礎代謝を下げてしまう」NG行為7つ

空腹じゃないのに「お腹減った…」と感じちゃうダイエット中のNG行為7つ

脂肪撃退!冷たいシャワーを浴びるだけの簡単裏ワザとは

これで3段腹を撃退!「メタボ体型脱出」を助けるスーパー食品7つ

※ 太る原因はコレ!「気づかぬうちに」メタボになっちゃう危険な生活習慣4つ

 

【参考】

27 ways to boost your metabolism – KITV