感染症の季節に! コワい病原菌を退治してくれる「スーパー食材」5つ

by カズ シュライバー |

生活, , ,

寒く乾燥した季節になってくると、感染症がはびこります。筆者が住んでいるアメリカでは、すでにインフルエンザの予防注射が始まっていますが、今年は例年よりも早めに予防注射を受ける人が多くなっているとか。

インフルエンザには予防注射がありますが、院内感染の主な原因になっているMRSA(メチシリン耐性黄色ブドウ球菌)のような感染症は抗生物質が効かず、さらには予防注射が存在しません。

そこで今回は、なんとにっくき病原菌を退治してくれるというスーパー食材を5つ、英語圏の情報サイト『Natural ON』を参考にしてご紹介しますね。実際にヨーロッパなどでは医療の現場で使われているとのこと。これは期待できますね!

 

■1:ハチミツ

アメリカのロードアイランド州にあるサルヴェ・レジーナ大学の調査によると、ハチミツは炎症や感染症に非常に有効だということが判明しています。生のハチミツは細菌にとっては毒で、細菌を弱らせ、生きていられないようにする成分が豊富に含まれているのだそうです。

 

■2:オレガノオイル

オレガノといえば、イタリアンでおなじみのハーブですが、このハーブには細菌を殺す効果があるといいます。オレガノのオイルには、抗ウイルス性、抗真菌性、抗炎症性、抗寄生虫性、抗酸化性などの成分が含まれているとのこと。

 

■3:オリーブの葉のエキス

オリーブの葉のエキスは、昔からヨーロッパで感染症の治療などに使われてきました。オリーブの葉のエキスは、免疫力を高め、細菌を弱らせ、しかも抗菌性が非常に強いので、現在でもヨーロッパの病院では超細菌による感染症の治療に使われ続けているのですって。

 

■4:エキナセア

エキナセアは、キク科の多年草で、細菌を殺し、免疫力を高める効果があるので、現在ではインフルエンザ予防のサプリとしても有名です。もともとは、アメリカ先住民族が傷や敗血症などの治療に使っていたハーブなんだそうですよ。

 

■5:ティーツリーオイル

ティーツリーというフトモモ科の植物から取られたオイルは、化膿や炎症を抑えるなど、抗菌にも効果が期待できるとのことです。このオイルを鼻の中に塗ったり、ティーツリーオイル入りのボディーウォッシュを使うことによって、細菌の感染を防げるそうですよ。

 

以上、病原菌を撃退してくれるスーパー食材5つをご紹介しましたが、いかがでしたか? 緊急の場合には薬に頼るのもやむをえませんが、できれば自然の力で直したいですよね? 

みなさんもこれを参考、これからの季節の食事にこういった食材を積極的に取り入れて、感染症を未然に防いでくださいね。

 

【関連記事】

乳幼児はとくに注意!下痢や嘔吐に苦しむ「ロタウイルス」の特徴と予防法

※ 感染症の危険大!他人から「絶対に借りてはいけない」モノ10個

※ 知らなかった!? あのアクセサリー素材が「感染症予防に効果的」と判明

※ 睡眠は6時間を死守!感染症から身を守るために避けるべき悪習慣5つ

※ 紅葉狩りでも要注意!マダニによる怖い感染症「SFTS」とは

 

【姉妹サイト】

※ イガイガしたらこれで解決!仕事中の「のどの痛み」をすぐに癒す方法5つ

※ 秋から増加!乳児が重症化しやすい「RSウイルス感染症」に注意

 

【参考】

※ Natural Antibiotics that Kill Superbugs – Natural ON