実は骨盤矯正グッズは効かない!? セルフ骨盤ケアの落とし穴2つ

by 並木まき |

美容, , ,

PR

最近では、ダイエットの方法として“骨盤矯正”がよく話題にのぼりますが、整体での骨盤矯正は敷居が高いとなかなか手が出ませんよね。そのため、多くの方が「骨盤スパッツ」や「骨盤ベルト」などで“セルフ骨盤ケア”にトライしているかと思います。

ただし、そういった人たちの中で骨盤ダイエットに成功しているのはごくわずか。皆さんの中にもセルフ骨盤ケアに失敗した経験があるのではないでしょうか? それもそのはず、セルフ骨盤ケアにはちゃんとしたコツがあって、それをきちんと実践しないといけないらしいのです。

そこで今回、多くの芸能人がお忍びで通うという美整体サロンの院長で、“骨盤ゴッドフィンガー”と呼ばれる佐久間邦弘先生がお教えする、セルフ骨盤ケアの秘訣をご紹介します。

 

セルフ骨盤ケアの2つの落とし穴

佐久間先生によると、セルフ骨盤ケアは次の2つの点で失敗している可能性が高いと言います。

(1)骨盤の引き締めが弱い

骨盤はいうまでもなく私たちの骨です。

佐久間先生は、「骨を締めるのに、簡易的なスパッツなどで引き締まるはずはない」と言います。ということは、ある程度の強度のあるグッズを使うことが重要になりそうですね。

(2)締める位置が間違っている

さらに、「セルフ骨盤ケアで使うベルトタイプのグッズも。締める位置を間違えている可能性が高く、かえって骨盤の広がりを悪化させていることもある」と佐久間先生は言います。

以上2点を踏まえると、重要なのは“正しい骨盤引き締めポイント”を“ある程度強く締めてあげる”ことなのですが、ではいったいどうしたらいいのでしょうか。

 

正しくセルフ骨盤ケアをする方法とは

佐久間先生が考える理想のセルフ骨盤ケアアイテムがこちらの『骨盤秘伝』です。

これは、なんと骨盤ベルトと骨盤ガードルが一緒になった画期的なアイテム。まるで“骨盤ベルトを履くような感覚”で着用できるので、履いているあいだにベルトがずれることがなく正しい位置をキープできるそうです。

さらに、骨盤ベルトに関しては1本のベルトではなく独特な形状をした3本の強化ベルトを採用しているので、一般的な骨盤ベルトよりも骨盤引き締め力が断然強いとのこと。

そのためしっかりとした強度で正しい骨盤矯正ポイントを締めてあげることが可能になり、『骨盤秘伝』を着用するだけで佐久間先生の言う正しいセルフ骨盤ケアができるということなのです。

 

この機会に是非、今までセルフ骨盤ダイエットに失敗し続けてきた方は、『骨盤秘伝』で先生の言う正しい骨盤ケアに挑戦してみてはいかがでしょうか?

ゆがみがひどくなって手遅れになる前に、ぜひ骨盤ケアにも意識を向けるようにしてくださいね!

 

【参考】

骨盤秘伝 – エグゼナ