大好物でもダメ!夕方以降に食べると「不眠を招く」要注意フード5つ

by 相馬佳 |

生活, , ,

最近、夜よく眠れてますか? 「普段は大丈夫なんだけど、時折どうしても眠れないことがある」という場合はないでしょうか。

そんな場合、もしかしたらあなたが夕食に食べたものが原因かもしれません!

もし原因を作っている食品が栄養たっぷりのあなたの大好物でも、夜な夜な食べ続けているようでは、不眠症になって健康を害してしまう恐れもあります。

英語の健康系団体ウェブサイト『AARP』の記事を参考に、コーヒーなど明らかなもの以外で、不眠の原因になっているかもしれない食品5つをご紹介しましょう!

 

■1:トマト

イタリア料理やメキシコ料理には欠かせないトマト。サラダの定番でもありますよね。

でも、トマトに含まれるアミノ酸の一種“チラミン”は、覚醒作用があり、眠りにつきにくくなるそうなんです! 

早い時間の夕食ならいいかもしれませんが、寝る時間前に“トマトのオンパレード”の夕飯を食べるのはやめたほうがよさそう。裏を返せば、会社で午後ボーっとするのを防ぐために、ランチには最適の食材といえるでしょう。

 

■2:セロリ

繊維質がたっぷりのセロリ。スープやサラダに入れて夕食に食べる方も多いかと思います。

しかし、この野菜に代表される水分含有率の多い食品は、直接不眠の原因にならずとも、夜中に起きてトイレに行きたくなる原因に! 

夜中や早朝起きると、再び眠りにつくことが困難になるので、夕方以降には食べないほうが無難です。

 

■3:ダークチョコレート

適量を食べると健康にいいといわれるダークチョコレート。でも、夕食後のデザートには避けたほうがよさそうです。コーヒーほどではありませんが、チョコレートにもカフェインが入っているので、食べ過ぎると頭が覚醒してしまいます!

これは午後早い時間のおやつにしましょう。

 

■4:ステーキなど肉類

スタミナがついて美味しいステーキ、もちろんディナーに食べたいですよね!

でも、動物性タンパク質は消化に時間がかかり、たくさん食べ過ぎると夜寝る時間になってもお腹が忙しく、眠たくならない可能性があるということです。量を加減して、残りは明日のお弁当にしちゃいましょう! 

 

■5:ブロッコリー

栄養たっぷりで、サラダや肉料理のつけ合わせにもよく利用されるのがブロッコリー。でも、繊維質が多量に含まれていて消化されにくいため、夕方以降にたくさん食べると「夜中までお腹がゴロゴロして眠れない……」なんてことになるかも!

おまけに、アブラナ科の野菜は、たくさん食べるとお腹の中でガスが溜まってベッドの中で“くさ~い事故”が起こる可能性も!

ディナー時に食べるなら少量、そうでなければランチ時間に食べましょう!

 

以上、栄養はあっても不眠の原因になりうる食品をご紹介しましたが、いかがでしょうか? 

不眠の原因はいろいろありますが、もしかしたらあなたの夕ご飯メニューに問題があるのかも。不眠に悩む人は、一度食生活を見直してみましょう!

 

【関連記事】

夜更かしグセついてない?慢性的な睡眠不足がもたらす危険な症状4つ

せっかくのダイエットも台無し!「睡眠不足は食欲を増進させる」と判明

そうだったのか!睡眠途中に「謎の目覚め」を引き起こす意外な原因4つ

寝る前に牛乳を飲むだけ?不眠症をガッツリ改善する7個の食材

睡眠の秋!もう放置しない「かくれ不眠」対処法

 

【姉妹サイト】

※ 働き女子の大敵!「睡眠不足」を解消して体と心をスッキリする秘策8つ

※ 働く女性の8割が該当!「ストレスがある人」は●●が少ないと判明

 

【参考】

※ 12 Foods That Sabotage Sleep – AARP