「冷めた夫」に食べさせて!気分を盛り上げ夫婦仲を改善する食べ物4つ

by 相馬佳 |

人間関係, , ,

秋も深まり、冬ももうすぐそこ。お布団にくるまってぽかぽかするのが楽しくなる季節でもありますね。

でも、それとともにやってくるのが“レス夫婦”への転落劇。「寒いからヤダ」「面倒くさい」「その気にならない」なんて言っていると、春になるころにはすっかり“冷めた夫婦”と化してしまいますよ!

そんな悲劇を防ぐために、英語の健康系雑誌『Health』の記事より、冷めた気分を盛り上げ“夫婦仲を改善してくれる”食べ物をご紹介しましょう!

 

■1:イチゴ

完熟して真っ赤になったイチゴ。ビタミンCはもちろん、老化を防ぐアンチオキシダントが豊富で、心臓や動脈を健康に保ち血液の循環をよくしてくれるそうです。

溶かしたダークチョコレートにつけて、子どもたちが寝静まったあと、大人のおやつにしてみてはいかがでしょうか?

 

■2:アボカド

研究によると、男性の心臓疾患は性機能不全につながることが多いとか! そのような事態を防ぐには、普段から心臓にいい食べ物を摂取することが大事です。

アボカドは不飽和脂肪酸やビタミンB6が豊富で、血液の循環を助け、心臓を健康に保ってくれるそうです。また、アンチオキシダントも豊富で、美容と健康に効果があります。

 

■3:アーモンド

亜鉛やセレニウム(セレン)、ビタミンEなど、男女両方の生殖機能を改善する栄養素をたくさん含むアーモンドは、妊活中の人が積極的に摂取したい食べ物です。

セレニウムは、過剰摂取しないように、サプリではなく食品から摂取しましょう。

 

■4:サツマイモ

意外にも、秋冬に人気のサツマイモが“夫婦仲を助けてくれる食品”になってくれるそうです。ふかしたり、焼きイモにしたりすると、ふっかふかになって美味しいですよね。

サツマイモには、男性の性機能不全につながる高血圧などの成人病予防に効果があるカリウムが豊富に含まれています。

 

以上、パートナーより布団が恋しくなりがちな秋冬に“レスになっちゃうのを防止する”食べ物をご紹介しましたが、いかがでしょうか?

スタミナというと“ステーキ”などの肉類が頭に浮かびますが、エネルギーがつく分脂肪も多く、食べすぎは高血圧や肥満などの元になってしまいます。野菜や果物を上手に利用し、スリムな体型を保ちながら栄養をつけるのが秘訣です!

もちろん、牡蠣やウナギも滋養強壮につながりますので、お財布に余裕があるときはこちらもどうぞ。

 

【関連記事】

レス夫婦にならないために!「夫婦関係にロマンスを取り戻す」7つの秘策

ムードぶち壊し!「レスになりやすい家」の残念な特徴6つ

不足すると夫婦仲がギクシャクする「夫への小さな愛情表現」7つ

最近夫婦の仲がピンチ!という人こそ知るべき「夫婦円満のコツ」3つ

今日からできる!夫婦仲がガンガンよくなる魔法の習慣4個

 

【姉妹サイト】

※ 夫が浮気!でも別れず乗り越えるなら「妻として必ずすべきこと」5つ

※ 「最近のアレはすごい」おぐねー絶賛の進化した簡単美容法とは?

 

【参考】

Best and Worst Foods for Sex – Health