いるいる!完璧なつもりが「イタい人認定」されちゃう危険なファッション4つ

by 並木まき |

生活, , ,

「よーし、今日のオシャレも完璧!」と、意気揚々と出かけたのに、周りの人からは「あの人のファッションやりすぎだよね」とイタい人認定されていたとしたら……コレは傷つきますよね!

雑誌やテレビにいるようなファッションをそのまま真似してしまうと、残念なことに周囲にドン引きされていることも……。

そこで今回は、海外サイト『all women stalk』の記事を参考にして、ファッションでイタい人認定されてしまう、危険なスタイルのポイントを4つご紹介していきましょう。

 

■1:露出しすぎ

パーティーシーンで海外セレブのように露出の高い服装をしてはいませんか?

行き過ぎの露出は、セクシーに見えるどころかイタい人として失笑をかってしまう危険も伴います。露出は適度であるからこそオシャレに見えるもの。

年齢や場面に相応しい露出度を心がけ、上手に女性らしさを演出したいものです。

 

2:サイズが合っていない

どんなに素敵な洋服でもサイズが合っていないとオシャレとはいえません。ダボっとしたスタイルのファッションであれば尚更です。

とくに秋冬のアウターはサイズ感が重要です。ダボっとしたシルエットのものを着用する際には1箇所はベルトで絞るなどの工夫をすることで、グッと洗練された印象に仕上げることができますよ。

 

3:華やかなのに安っぽい

最近ではファストファッションブランドからも華やかなデザインの洋服が多数出ていますが、華やかなデザインだからこそ気をつけたいのが素材感。

せっかくの素敵なデザインも、近くで見たら素材が悪いのがバレバレ……となってしまうと、無理して華やかな服装をしているようなイメージになってしまうことも。

購入時には、素材の良し悪しもしっかりと見極めながら試着しましょう。

 

4:奇抜すぎる

ここ数年、柄×柄のコーデも人気ですが、秋冬はとくにタイツで遊ぶという方も多いのでは?

ここで注意したいのは、テイストを合わせることです。重ね着やタイツの柄をチョイスする際には、テイストを意識して選ぶようにしましょう。

 

以上、ファッションでイタい人認定されてしまう、危険なスタイルを4つご紹介しましたが、いかがでしたか?

トレンドだったりホットなアイテムだったとしても、必ずしもそれがイコールでオシャレにはならないことって多々ありますよね。やりすぎな印象にならないように気をつけながら、今年の秋冬もおしゃれを楽しんでいきましょう!

 

【関連記事】

※ 5分で完成!パーティー前に変身できる「定番ヘアアクセ」活用テク3つ

※ お家で簡単!20代の「うるるん唇」を取り戻す5つのアイテム

※ 見た目年齢が5歳アップ!? 老け顔を招く「残念な眉」のNG特徴3つ

※ なんと!フワフワに仕上げたくても「柔軟剤を使ったらダメな衣類」4つ

勘違いさせちゃう危険が!「本命の彼以外には避けるべき」ファッション3つ

 

【姉妹サイト】

※ 前後の動きで魅せる!「秋ファッション」を優雅に着こなすたった1つのコツ

※ その手があったか!友達にムッとされない「女子会の断り文句」とは

 

【参考】

20 Worst Fashion Mistakes a Girl Can Make … – all women stalk