今すぐ靴底を確認!すり減り方で分かる「身体の歪みチェック方法」

by 望月理恵子 |

健康・病気, , ,

身体のバランスを整えられると人気を集めている“骨盤矯正”。身体の歪みは、姿勢が悪くなるだけでなく太りやすくなる原因にもなってしまいます。歪まないように日頃から注意しておくことが必要です。

そのなかでも気をつけたいのが“歩き方”。しかし、自分が普段はどのように歩いているか、ましてや間違った歩き方をしているかどうかは分かりにくいですよね。そんなときに分かりやすいポイントとして注目したい部分があります。

そこで今回は、美容カウンセラーである筆者が、身体の歪みを靴底でチェックする方法をご紹介します。

 

■片足だけすり減っていたら歪みのサイン

両足の靴底を見てみたときに、通常であれば同じようになっているはずなのに、右足だけ、あるいは左足だけすり減ってはいませんか? この場合は体重がすり減っている靴底側に傾いていたり、片足だけひきずって歩いていたりなど骨盤を歪ませている可能性があります。

骨盤の歪みは身体の不調や太りやすい体質などの原因となるため、歩き方を整えるのはもちろん、歪みをチェックして左右偏りないバランストレーニングをするのがおすすめです。

 

■内側や外側がすり減っていたらお腹周りに注意!

靴底の内側がすり減っている方は、内またや背中を丸めて歩いている方に多く、骨盤が開きやすくなっているため、ぽっこりお腹になったり、お尻から太もも部分にぜい肉が付きやすくなったりしてしまいます。

また外側がすり減っている場合は、歩くときに外側に重心をかけがちで、筋力をうまく使えていない証拠。O脚の人は、外側がすり減りやすいですが、そのままにしていると、さらにO脚を助長させてしまうことにもなります。これらも骨盤が開いてぽっこりお腹の原因に……。

歩くときは足全体に体重をかけるようにして、かかとから地面につき、つま先で地面を蹴って歩くように意識すると良いですね。

 

■筋力低下の目印は靴底全体で

部分的にすり減っていたり片足だけすり減ってはいたりはしないけれど、全体的に靴底が早くすり減ると感じたことはありませんか? その場合は足全体の筋力が低下していると考えられます。

太ももには大腿筋という大きな筋肉がありますが、この筋力が低下すると足がしっかりと持ち上げられず、だらしない歩き方をしてしまい靴底全体が早くすり減ります。

足の筋力が弱いと、冷えやむくみなどの原因となってしまうため、太もも部分をしっかりと上げて足の筋肉を使うように意識して歩くようにするといいですね。

 

以上、身体の歪みを靴底でチェックする方法をご紹介しましたが、いかがでしたか?

自分の歩き方の癖を知ることは、自分の身体の調子を知ることにもなります。正しい歩き方は体質や姿勢の改善・予防さらには新陳代謝を上げてダイエットの手助けもしてくれるため、少しの意識が自分を変えることにつながります。

また、きれいな姿勢で歩くことは相手からの印象を良くしてくれるため一石二鳥。さっそく靴底をチェックして、日々の歩き方を意識してみてはいかがですか?

 

【関連記事】

タバコと同レベルの害が!寿命を縮めてしまう「最悪なNG生活習慣」3つ

※ いくつ当てはまる?老化を早めて「寿命を縮める」NG生活習慣5つ

※ タバコやめてもダメ!? 「免疫力をガクっと下げちゃう」6つのNG要素とは

※ 脱冷え体質「温活女子」の美肌をつくる10個の身近な食材

※ 間食好きは要注意!歯磨きのたびの出血は「糖尿病」のサインかも

 

【姉妹サイト】

※ 働きスリム美女子の秘策!「通勤中にやせる」4つの簡単エクササイズ

※ 食事の30分前に飲むだけ!おデブ化を防いでくれる飲み物があった