それナイわ~!同性が「密かにドン引きしてる」残念メイクの特徴5つ

by 並木まき |

美容, , ,

突然ですが、「うわぁ~、そのメイクないでしょ……」と、目の前の女性に思ったことはありますか?

メイク動画サイト『GODMake.』が実施した「メイクに関する調査」によれば、なんと87%の人が、友人のメイクを見て「それないでしょ!」と思ったことがあると回答しているのです!

誰かのメイクにドン引きしている一方で、実は自分も誰かからドン引きされていた……なんて事態は残念すぎますよね。

そこで同調査を参考に、時短美容研究家の筆者が、女性から「ナイわ~」と思われてしまう残念メイクの特徴を5つお伝えしていきましょう。

 

■1:濃すぎるメイク

友人のメイクを見て「ナイわぁ」と感じた理由としてトップに挙がったのがコレ。なんと52%の人がこの理由を選択しています。

実際に濃いメイクではなかったとしても、アイラインが太すぎる、シャドウの色が濃すぎる、ファンデーションが白すぎるなどの理由で、全体的にメイクが濃い印象を与えてしまいます。

小さな鏡でメイクするとパーツメイクが濃くなりがちなので、仕上がりの全体バランスをよくチェックするように心がけましょう。

 

■2:アイメイクが雑

続いて45%の人が“ドン引きメイク”として選んだのはアイテープ、ファイバーやつけまつげがズレているメイク。

「アイプチでまぶたがひきつってて怖かった!」というコメントもあるので、朝は完璧な仕上がりだったとしても、こまめにチェックする必要がありそうです。

 

■3:汚い印象のメイク

39%の人が汚い印象のメイクを、残念メイクに選んでいます。「アイテープが見えてて、しかもそれにアイプチして無理やりまぶたをとめてて妖怪みたいだった。それを隠そうとブラウンシャドーもいれてるからほんと汚かった」というコメントも。

遠目に見ると完璧なメイクでも、至近距離から見たら雑な印象を与えてしまうかもしれません。結果的に“汚いメイク”と思われるので、気をつけてくださいね。

 

■4:時代遅れ

「30代なのに、昔流行ったギャルっぽいメイクや髪型のままなので、年齢やトレンドにも合ってない」というコメントのように、時代に合っていないメイクは残念メイクと思われる危険性大! メイクは時代とともに進化していることを意識したほうがいいでしょう。

ブルーのアイシャドウを使う際は、バブル時代の印象になりがちなので、幅や色味に注意しておきたいところです。

 

■5:ファッションとミスマッチ

毎日ワンパターンなメイクで済ませていませんか? 今回の調査では、17%の人がファッションに合っていないメイクにドン引きしているという結果が出ました。TPOに合わせたメイクチェンジは重要です。

眉やアイラインの太さ、アイシャドウやチークのカラーを変えるだけでも、印象をガラッと変えることができます。自分のパターンを何通りか持っておくとよいでしょう。

 

以上、同性から見てドン引きされる残念メイクの特徴を5つお伝えしましたが、いかがでしたか? 心当たりがあった方は、ぜひ気をつけてくださいね。

同調査では友人のメイクにドン引きしても、そう思ったことを本人に伝える人はわずか2割しかいないという結果も。

同性の目は案外厳しいもの。密かにメイクが笑われている……なんてガッカリな事態を回避するためにも、よろしければ参考にしてみてください。

 

【関連記事】

その方法じゃ逆効果!「クレンジングで美肌になる」ための秘訣とは

これで「印象ブス」を回避!あなたの第一印象を劇的にアゲるメイクテク

※ そりゃヤバい!女性の2人に1人は「メイクで保湿をしていない」と判明

※ 「疲れ顔」なんて言わせない!女っぷりキープの夕方メイク直し術3つ

※ それじゃ逆効果!「老け顔イメージを加速させる」残念アイメイク4つ

 

【姉妹サイト】

※ 間違えれば老け顔に!働く女性の「上手なナチュラルメイク」のコツ3つ

※ 綾瀬はるかは2日に1回!美人がこぞって「あのパーツ」を鍛える理由

 

【参考】

メイクに関する調査 – GODMake.