色で本性まるわかり!? 「気になるあの人」の性格を判断する方法とは

by 並木まき |

生活, , ,

気になる彼や知り合ったばかりのママ友など、まだ付き合いが浅い人の「本性はどんな人なのか」って気になりますよね。

心理学によると、性格は好きな色に表れる傾向があるんだそう。目白大学教授の渋谷昌三氏は著書『心理学の本』で、心理学者ルッシャーが提唱していた、色の好みに心理学が投影される主張について述べています。

この記事では同著を参考に、“気になるあの人”の本性を知る手がかりになる、色の特徴について3つお伝えしましょう!

 

■1:赤・ピンク・オレンジ

同氏によれば、赤が好きな人は情熱的・積極的な傾向があり、自己主張が強いのだとか。

そしてピンクが好きな人は愛情深く、世話好きで傷つきやすい面を持っていて、オレンジ好きは陽気だけど嫉妬深く、社交的で人気者の傾向があるそうです。

一般的にこれらの色は男性よりも女性が身につけている傾向にありますが、ご自分の好みと照らし合わせてみて、いかがでしょうか?

 

■2:緑・青・紫

緑好きは理想・平和主義者で現実主義者でもあり、青が好きな人は知的でクールな反面、感性豊かで自立している傾向があるそう。

紫好きは高貴なイメージで、神秘的だったりエロチック性を秘めているのだとか。

洋服や持ち物などにこれらの色の特徴が出ていないか、チェックしてみてください。

 

■3:黒や白のモノトーン系

黒は頑固でプライドが高く、孤独を好む傾向があるとのこと。白が好きな人は潔癖主義で真面目、理想主義者なんだそう。

会うたびにモノトーン一辺倒のファッションばかりしている人や、持ち物がモノトーンで固められている人は、これらの傾向が強そうですね!

 

以上、好きな色から判断する本当の性格についてお伝えしましたが、いかがでしたでしょうか?

同氏は、色は非言語コミュニケーションのひとつであると言い、なんらかの色を身につける行為は、形にならないメッセージを伝えようとしている可能性があると述べています。

洋服は日によって変えるものですが、もしかすると“その日の心理状態”を投影しているかもしれません。ネクタイやスカーフ、スマホケースなどの毎日持ち歩く小物に特定色の傾向が強い場合には、その人自身の“本性”を表しているかもしれませんね!

「知り合ったばかりでよくわからないけれど、どんな人か知りたいな~」と感じている相手を見るときに、ぜひ参考にしてみてください。

 

【関連記事】

※ 彼の本性バレバレ!お互いの相性を見極めるのに最適なデート4パターン

※ これで相性の不一致を回避!最初のデートでチェックしたい「彼の行動」5点

※ 男性はここを見ている!食事デートを成功させる「愛され行動」5つ

※ 自分のことばかり話すのはNG!第一印象を良くする3つのポイント

※ これでバレバレ!彼・夫の些細な変化で「ウソを見破る」3つの方法

 

【姉妹サイト】

※ すぐチェック!貴女の「貯金が増えない理由」がわかるたった2つの質問

※ 食べ過ぎると危険!「がんのリスク」が上がる意外と危険な食べ物

 

【参考】

渋谷昌三(2009)『心理学の本』(西東社)