知らなきゃ損!美容に効く「冬でも部屋で育てられる」注目ハーブ3つ

by 高瀬真澄 |

生活, , ,

部屋に植物があるとなごみますよね。でも、忙しくてすぐ枯らしてまうことを心配している人や、「自分には植物を育てられないのではないか」と思っている人も多いのではないでしょうか。

そんな人にお勧めなのがハーブ。ハーブは初心者でも育てやすく、しかも料理に使えますし、楽しみ方もいろいろあるんです。

今回は、ハーブコーディネーターである筆者が、冬でもお部屋で育てやすく使いやすい、注目のハーブを3種類ご紹介します。

 

■1:イタリアンパセリ

苗を買ってきたら、日の差し込む窓辺に置いて育てましょう。夏は半日陰で風通しの良い所に置くのがベストです。表面の土が乾いたら、たっぷりと水を与えましょう。

普通のパセリよりも苦味が少なく、香りが高いのがイタリアンパセリの特徴。ビタミンA、B、Cも多く、カルシウムや鉄分が多く含まれているのも女子には嬉しいところですね。

フライパンにバターを溶かし、刻んだイタリアンパセリを加え、レモン汁をたらしたら魚料理にあったソースが出来上がります。また、パスタやスープの上にそっと浮かべるだけでも、香りを楽しめますよ。もちろんサラダにして、そのまま食べるのもお勧めです。

 

■2:スペアミント

ミントは生命力が強く、初心者でも簡単に育てられるハーブのひとつです。イタリアンパセリと同じく、表面の土が乾いたら水をたっぷり与えましょう。肉料理の香りづけに、また、ハーブティーとしても美味しくいただけるので、スペアミントが家にあると重宝します。

フレッシュハーブで入れたハーブティーは格別。お好みの量のスペアミントをティーポットに入れ熱湯を注ぎ、3分待つだけで美味しいハーブティーが出来上がります。また、紅茶に葉っぱを浮かべて飲むだけでも、ミントの香りを楽しめますよ。

 

■3:レモンバーム

レモンバームは耐寒性があるので、屋外でも育てられます。表面の土が乾いたら水をあげましょう。ただし、乾いた土を好むので与えすぎには注意してくださいね。

レモンの香りがほんのり優しいハーブティーを楽しむのもお勧めです。葉の部分だけを摘み取り、お好みの量をティポットに入れ熱湯を注ぎましょう。お湯が淡いグリーンになってきたら出来上がりです。くせが少ないので他のハーブとブレンドしても美味しいですよ。

また、ソースに加えて香りを楽しんだり、オムレツなどの卵料理に混ぜて風味づけにしたりするのもお勧めです。

 

以上、今回は“冬でもお部屋で育てることのできるハーブ“を紹介しましたが、いかがでしたか? 家で育てていると使いたい量を、使いたい時に使用できるのが便利ですね。料理のアクセントにハーブを添えるだけでも、いつもの料理がワンランクアップしたようにも感じます。

寒くて家にこもりがちの冬だからこそ、部屋に植物があると嬉しいですね。植物を育てることが苦手だと思っている人も、ぜひ、始めてみましょう。

 

【関連記事】

安眠したい人必見!「疲れてるのに寝れない」時の上手なハーブ活用法

※ 夏のム~っとする部屋のニオイに!アロマとハーブの「手作り芳香剤」レシピ

デスクワーク中の「つら~い体調不良」解消に役立つハーブあれこれ

クリスマスパーティーにもピッタリ!「体がポカポカするハーブティー」3種

自宅で簡単!冬のカサカサ肌をケアする「フェイシャルスチーム」実践法

 

【姉妹サイト】

※ 健康食マニア大絶賛!米国でブームの「痩せて美肌になる」野菜とは

※ 冬太りをリセット!働き女子が中からキレイになる「ジュースクレンズ」

 

【参考】

お部屋で冬のハーブギャザリング ‐ S&Bヱスビー食品株式会社