家の中にいながら「冬太りを解消」できる超簡単ダイエット方法とは?

by 大宮 つる |

注目, , ,

30歳を過ぎると、「年々、冬太りしやすくなった」「冬太りが解消できないまま」という方が多いといいます。それは、みなさんもよくご存じの、“基礎代謝の低下”が原因! 

30代になると、基礎代謝は10代の半分まで低下してしまうといわれていますので、同じように食事をしていたら、体重増加の一途をたどることになってしまうのも無理はありませんね。

さらに、冬は寒くて家に引きこもりがち。暖かい部屋でぬくぬくカラダを動かさないでいると、ますます代謝が低下し、痩せにくくなってしまうのです。

そうはいっても、「寒いし、ハードな運動をするのはツライ……」と思ってしまうもの。そこで今回は、家の中にいながら冬太りを解消するための、ラクしてできる超簡単なダイエットを3つご紹介します!

 

■1:朝の日光を浴びる!

『WooRis』の過去記事「超簡単!運動や食事制限なしでOKな“朝●●するだけダイエット”とは」によると、朝の日光は“ブルーライト”と呼ばれており、人間の睡眠やカラダのリズムを整えてくれる作用があるとのこと。

朝の日光浴と体重減少には医学的根拠もあり、日光を浴びることで代謝が上がるといいます。午前8時~正午の間に、20~30分程度浴びるといいそうですよ。朝目覚めたら、すぐにカーテンを開けて日光を浴びるようにしましょう!

 

■2:1回30秒間お腹をへこませる!

正月明けの、ポッコリお腹を引き締めるダイエットとしてオススメなのが、“1回30秒間” だけお腹をへこませ、その状態をキープするというもの。

『WooRis』の過去記事「30秒アレするだけ!ぽっこりお腹を引き締める“ドローイングダイエット”とは」にも詳しい方法がありますが、コツは鼻から息を吸い込み、口から息を吐くときにお腹と背中をくっつけるように意識してお腹をへこませること。あとは、息をとめないで30秒間それをキープするだけでなんですって! 

家事・仕事をしている時など、家の中でも気軽にできるのがいいですね。

 

■3:漢方の力で脂肪を減らす!

30代以降に基礎代謝がガクッと低下することは前述のとおり。では、低下してしまった代謝を上げて脂肪を減らす方法はないのでしょうか? そこでオススメなのが漢方薬です。

体質や症状は、人それぞれですよね。たとえば、気になる部分の脂肪を減らしたい、イライラや食欲を抑えたい、むくみ・便秘・肩こりの改善をしたい、肌の調子を整えたいなど……。

漢方処方の医薬品『コッコアポ』なら、それぞれの体質や悩みに合わせたものを選べるので、悩みを解消しつつ脂肪をスッキリ減らせます。

体質や症状に合っていれば、通常1~2週間程度で効果を実感することができるそうです。まずは1か月を目安に続けてみるといいでしょう。

 

以上、冬太りを解消できる、超簡単なダイエット方法3つをご紹介しましたが、いかがでしたか?

お正月も終わり、ダイエットを始めるにはちょうど良い時期。今から始めれば、薄着になる春には、きっとスッキリボディをGETできていることでしょう!

 

【参考】

コッコアポ – クラシエ製薬