やつれて見えちゃ意味がない!「美肌を保ちつつダイエット」する秘訣とは

by 町山町子 |

美容, , ,

年末年始の食べすぎで体重が増加……。そんな自分に焦って、食べる量を急激にセーブし、エステにも駆け込んで、無茶なダイエットを毎年繰り返してしまっている人、いませんか? 

そんなことをしていると、健康的なボディだけでなく、美肌まで失ってしまう可能性大ですよ! 肌のハリやうるおいが失われ、痩せたというより、やつれて見えるだけかもしれません。

そこで今回は、リンパセラピストである筆者が、美肌をキープしながらダイエットを成功させるコツについてご紹介いたします。

 

■偏った食生活は肌トラブルのもと!

女性にとって、美肌とダイエットは永遠のテーマですよね。だけど、無茶なダイエットをしたばかりに、体重は戻ったけど肌はボロボロに……なんてことありませんか? 

油ものや肉類を抜いて、ヘルシーな野菜やフルーツばかり食べていると、栄養が偏ってしまいます。その結果、肌のハリやうるおいが失われ、くすみや目の下のクマ、吹き出物が増えて、気づいたら肌トラブル勃発状態……なんてことも。

美肌を保つためにも、バランスのよい食生活を心がけ、無理のないダイエットを計画していきましょう!

 

■ダイエット中こそ肉や魚をたくさん摂ろう

太るからといって、肉を控えていませんか? 肉や魚からとれるたんぱく質は生命の源です。このたんぱく質が不足すると肌の新陳代謝が乱れ、新しい細胞が生まれづらくなるため、肌にツヤがなくなり、皮膚がたるんで老け顔になります。

どうしても食生活による体重増加やボディラインが気になる場合は、鶏のささみなどカロリーの低いものをセレクトしましょう。また、魚のたんぱく質は良質ですし、消化もいいのでおすすめです!

 

■化粧品は保湿重視のものを選ぶ

ダイエット中は、食生活のストレスもあいまって、肌はカサつき、吹き出物が多くなりがちです。体重は減っても、肌荒れで悩むことが増えてしまったら……本末転倒ですよね。

肌荒れ防止には、ヒアルロン酸やセラミドなど保湿成分の入った化粧品を選ぶといいでしょう。肌の水分を保つコラーゲンやビタミンCも食事の中で積極的にとるように心がけてください。

 

以上、美肌をキープしながらダイエットを成功させるコツについてご紹介しましたが、いかがでしたか?

ダイエット中は、食生活のバランスに気を配り、くれぐれも無茶なダイエットをしないよう気をつけてくださいね。健康的に、美しく痩せましょう。

 

【関連記事】

※ 代謝も活発に!「体を温めお財布にも優しい」冬のスーパーフード5選

※ イライラが止まらない!食べると「どんどん不機嫌になっちゃう」食品5つ

※ あなたの家は大丈夫?「ぶくぶく太っちゃう家」の特徴5つ

※ これ知ってればガマンしなくてOK!アイスの「太りにくい食べ方」とは

※ 太りにくい体を取り戻す!手っ取り早く「基礎代謝」を上げる方法5つ

 

【姉妹サイト】

※ 自宅で簡単!忙し女子の「美を作る」日本古来のビューティー飲料レシピ

※ オバ肌まっしぐら!化粧を落とさず寝ると起こる「恐ろしいこと」3つ