見た目でバレバレ!? 「5つのヘアスタイル別」性格パターン判断法

by 並木まき |

人間関係, , ,

ファッションやヘアスタイルにはその人の個性が表れるものですよね。美意識の高い女性であれば、トレンドを取り入れつつ自分なりの個性を表現しているでしょう。

でも実は、その時の心理状態によっても、ファッションやヘアスタイルが変化するというのです。新しく知り合った人や自分自身の深層心理を髪型から読み解くことができれば、無用なトラブルを回避し円滑な人間関係構築に役立てられそうです。

そこで今回は、目白大学教授の渋谷昌三氏の著書『他人の心理学』を参考に、心理学に基づいた、髪型でわかる性格パターンを5つご紹介します。早速チェックしてみてください。

 

■1:ショート

ショートヘアの女性は、積極性があり、活発な雰囲気を出したいと願っている傾向があるそう。確かに、少々ボーイッシュな印象が強い髪型ですから、第一印象でも積極的な人というイメージを持ちやすいですよね。

普段、ロングヘアにしている方も気分に合わせてウィッグでショートを演出してみれば、いつもより活発な自分になれるかもしれません!

 

■2:セミロング

同氏によれば、ロングでもショートでもないセミロングヘアを好む人は、無難な印象を与えたいという傾向があるんだとか。

ロングやショートなど特徴があるヘアスタイルに比べ、この髪型は平凡な印象で目立たないことが多く、容姿に自信のない女性にも、この髪型が多いと同氏は指摘していますが……。セミロングのみなさん、いかがでしょうか?

 

■3:ロング

肩よりも長く髪を伸ばしている人は、女性らしさをアピールしたい人なんだそう。確かに長く伸びた艶やかな髪には女性らしさを感じますよね。

同氏によれば、本来は家庭的ではない人が、それを隠すためにロングヘアにする場合もあるとのこと。みなさん、どうでしょうか? 

 

■4:目や耳を隠す髪型

目や耳を髪で隠す髪形は、内向的で周囲との関わりを避けたい人が好むスタイルなんだとか。

髪の毛によって、本心を知られたくない、コミュニケーションをとりたくない、という本音を隠そうとしているのかもしれません。

 

■5:ヘアスタイルをよく変える

いきなりショートにしたと思ったら、次会ったときにはエクステをつけてロングヘアにしていた……こんなふうにヘアスタイルをコロコロ変える女性は、周囲に注目されたい願望が強い反面、自分への苛立ちや不満から、精神的に不安定な状態である場合もあるんだとか。

周囲にこのタイプがいたら、少し注意して気遣ってあげたほうがいいかもしれませんね。

 

以上、髪型でわかる性格パターンをご紹介しましたが、いかがでしたか?

ヘアスタイルによって、周囲の人に与える印象ってかなり変わりますよね。ヘアスタイルに深層心理が見え隠れしているというのであれば、円滑なコミュニケーション構築にぜひ活用しちゃいましょう! 

ぜひ、周囲の人の髪型をチェックしてみてはいかがでしょうか?

 

【関連記事】

※ もう失敗カットで泣かない!4つの顔型別「小顔に見えるヘアスタイル」

※ あなたは左右どっち?「前髪の分け目」が周囲に与える印象の違いとは

※ 美容師が伝授!「老け顔化」を防ぐヘアスタイリングのコツ3つ

※ ママに教えてあげて!母親の老け顔を若々しく復活させる裏技3つ

※ それ失笑されてるかも!「やりすぎ認定」されちゃうファッションアイテム3つ

 

【姉妹サイト】

まるで能年玲奈!? 働き女子の疲れ目を「ピュアなキラキラ瞳」にする簡単テク

※ 飲むだけで毒素ドバ!平子理沙も毎日飲んでる「美人になれるお茶」とは

 

【参考】

渋谷昌三(2012)『他人の心理学』(西東社)