仮面夫婦なんてイヤ!マリッジカウンセラーが教える「夫婦円満の秘訣」

by 相馬佳 |

人間関係, , ,

アメリカでは50%以上、日本では30%以上といわれる近年の離婚率。「離婚していないけれど破綻している」というカップルを含めると、“うまくいっていない夫婦”の数は相当数に上るはずです。

しかし、誰も離婚したくて結婚しているわけではありませんよね。夫婦仲がうまくいき、幸せな結婚生活を過ごせれば、それに越したことはありません。

そこで今回は、海外の健康・美容系女性誌『Women’s Health』の記事を参考に、結婚のトラブルを多く目撃し、相談に乗ってきたマリッジカウンセラーの目から見た“夫婦円満の秘訣”をご紹介しましょう!

 

■1:相手の長所に目を向ける

ずっと一緒に暮らしていると、いい部分より悪い部分が目に付くことも多いもの。しかしカウンセラーは、「幸せなカップルは、お互いのポジティブな部分に目を向ける傾向があります」と話します。

誰だって欠点はあります。それをあげつらうよりも、パートナーのいい所を見つけて褒めるようにしましょう!

 

■2:自分を見失わない

結婚したからといって、自分という存在を失わなければならないわけではありません。自分を犠牲にしたつもりで、相手に依存しすぎていたら、それは危険なサイン。

「自分のアイデンティティーや人生のゴール、情熱などを失うことがないようにしましょう」とカウンセラーは話します。

自分を犠牲にしたつもりでいると、かえってあとで「私がこんなに●●をしてあげたのに!」と恨みを抱くようになる可能性が高いそうです。

 

■3:自分の欠点を認める

結婚生活がうまく行かないのは、決してどちらか1人だけの責任ではありません。「結婚生活で何か問題が発生した場合、相手のせいだけにせず、“自分が何をしたか”客観的に見られる夫婦はうまくいく確率が高いようです」とマリッジカウンセラーは話します。

何か問題が起こったら、そのままにしたり相手を責めたりせずに、客観的で冷静に話し合うことも必要なのですね。

 

■4:譲歩も大切

夫婦ゲンカというものは、「トイレのシートが上がっていた」「ゴミを出すのを忘れてた」など、ほんのささいな理由から始まることも多いもの。

「どうしても譲れない」信念でケンカしているわけではないのなら、相手に譲ることも覚えましょう。どの色のタオルやビールの銘柄を選ぶかよりも、幸せな結婚生活のほうが大事なのです。

 

■5:結婚生活を改善する努力を惜しまない

「結婚さえすれば、すべてがうまくいく」、「釣った魚にエサはやらない」なんて言って怠けていてはダメ。

マリッジカウンセラーは、「結婚をうまく続けていくには、意識的な努力が必要です」と話します。放っておけば自動的にうまくいく、なんてただの幻想!

毎日の愛情表現やスキンシップ、感謝の気持ちを表現するなど、小さな努力を積み重ねましょう!

 

以上、マリッジカウンセラーが伝授する“結婚生活をうまく行かせる秘訣”をご紹介しましたが、いかがでしたか? このうちあなたは、いくつの項目をすでに実践できているでしょうか?

「1つもしていない……」とうなだれている方、今からでも遅くありません! 歩み寄ってこそうまくいくのが結婚。あなたが選んだ伴侶を大事にしてくださいね!

 

【関連記事】

※ 意外な事実!年齢差●歳の夫婦が「最も離婚しにくい」と判明

自分が変われば相手も変わる!「結婚生活をハッピーにする」6つの秘訣

レス夫婦にならないために!「夫婦関係にロマンスを取り戻す」7つの秘策

不足すると夫婦仲がギクシャクする「夫への小さな愛情表現」7つ

アレ好きな男は危ない!? 「浮気をしやすい男性」意外な4タイプが判明

 

【姉妹サイト】

※ 共働きカップルほど注意!「浮気してる男性」がウッカリ発しちゃうサイン3つ

※ 実はバレバレ?初対面女性を見て「結構お年かも…」と男が勘ぐる瞬間

 

【参考】

Do These 9 Things and You’ll Never Need Couples’ Therapy – Women’s Health