スレンダーなママになりたい!「産後の体重コントロール」成功の秘訣とは

by 吉田和充 |

健康・病気, , ,

女性にとって、産後の体重コントロールは大きな関心事ではないでしょうか。特に最近は、出産したとは思えないほどスタイルも良く美しいママが多いので、同じ女性にとってはプレッシャーかもしれません。

もちろん、痩せていれば良いということではないのですが、出産後に体重が戻らないのは、健康的にも問題だというのです。

そこで今回は、雑誌『月刊赤ちゃんとママ』2015年1月号の「戻らない体重と止まらない食欲」の記事を参考に、“出産後の体重を無理なく減らす方法”を紹介します。

 

■授乳や慣れない子育てで自然と体重が戻っていく

<妊娠・出産を通じて増加した体重はだいたい6ヶ月くらいで元に戻ります。授乳中はいくら食べても食べたりないような気がしていますが、体重は順調に減っていき、3〜4ヶ月で元に戻っていく人が多いようです。>

巣鴨レディースクリニック院長の花田佐知子さんは、記事中でこう話されています。

赤ちゃんへの授乳には相当なエネルギーが必要とされるので、授乳中のママはお腹が減って当然なのですね。そして、この時期はある程度なら食べても太らないというのです。

また実際には、出産と同時に想像できなかったキツ〜い子育てが始まります。夜も寝れないですし、重労働なので、食欲もそれほど湧かないのではないでしょうか。

そのため、さほど苦痛もなく、体重コントロールできる人が多いということですが……。

 

■それでも戻らない人は、食事内容の偏りや早食いに注意

<食事内容の偏りの大きい方や、夜遅くの食事や早食いといった不適切な食習慣の方、妊娠中から体重増加の大きかった方は、なかなか体重が減らないようです。>

また、スナックなどのお菓子を頻繁に食べてしまったり、食事が洋食に偏っていたりする場合も注意が必要なようです。

食生活の変化などもあって、今や、成人の6人に1人が糖尿病や、その予備軍といわれています。妊娠中は軽い糖尿病状態ともいわれ、この時期、糖尿病の素因があぶり出されるというのです。

砂糖や脂肪の取りすぎに注意して、意識して和食を食べるようにしましょう。それだけで適正体重に徐々に近づいていくといいます。

 

以上、“出産後の体重を無理なく減らす方法”でしたが、いかがだったでしょうか? 産後は赤ちゃんもいることですし、自分の体質や食習慣に向き合う良い機会と捉えて、3食規則正しく和食中心とした食事を摂るようにしましょう。

産後、全然体重が減らない……とお悩みの方、さっそく今日から試してみましょう!

 

【関連記事】

※ 妊婦さんはぜひ読んで!出産前に「最低限しておくべきこと」4つ

※ 35歳以上で初産なら必見!「高齢出産」でふりかかる金銭リスクとは

※ 卵子の老化が進む!? タバコが「妊娠・出産」に及ぼす3つの恐ろしい影響

※ 産後クライシスを阻止!妻の出産後に夫を浮気させない秘策

※ 正論もダメ! 「妊娠・出産後」に職場で嫌われちゃうNG発言

 

【姉妹サイト】

※ 妊活前に知っておきたい!出産・育児費用を「最大限に節約する」5つのコツ

※ 脱水は「タオル巻き寿司」で!失敗しないニットの自宅クリーニング法

 

【参考】

※『月刊 赤ちゃんとママ』2015年1月号「戻らない体重と止まらない食欲」(赤ちゃんとママ社)