今年のお正月太り事情から読み解く!「太りやすい年齢」は●●歳と判明

by 並木まき |

生活, , ,

「お正月に増えた体重がいまだに戻らない……」「ちょっと、ぽっちゃりしたような?」など、お正月太りが気になっている人はいませんか?

実際のところ、お正月に太ってしまう女性は多いようです。ダイエット食品を展開するサニーヘルスが実施した調査レポートによると、なんと71.3%もの人がお正月太りを実感しているそう!

でも一方で、若年層では“お正月太りをしていない”という人が多い実態も明らかになったのです。

そこで、来年こそ“お正月太り”を避けるために、同調査レポートを参考に、今年の“お正月太り事情”とその傾向についてお伝えしましょう。

 

■3人に2人が“お正月太り”を実感

同調査で今年のお正月太りについて尋ねたところ「2kg増えた」という人が25.3%で最多、次いで「1kg増えた」(24.3%)、「3kg増えた」(14.4%)という結果に。

ちなみに「お正月太りをしなかった」と回答した人は、28.7%でした。3人に2人は“お正月太り”を実感していることがうかがえる数字ですね。

さらに、5kg以上太ったという人も全体の4%近くもいるという、驚愕の事実も判明! 5kgも太っちゃったとしたら……ゾッとしてしまいますね。

 

■年代が上がるにつれて“お正月太り”しやすい傾向が判明

お正月に太ってしまう人が多い実態が判明しましたが、お正月太りと年代には、深い関係があるようです。

同調査では、50代の体重増加率が最も高い結果になっていました。

50代で「正月太りをしなかった」と回答したのは、23.7%しかおらず、全世代中最も低い結果に。そして、年代別の体重増加kg数でも50代はトップとなっているんです。

一方で、若い世代ほど増加数が少なく、10代ではお正月太りをしなかった人が50%となっていました。同じく20代も34.8%がお正月太りしなかったと回答していて、全世代の平均(28.7%)よりも高い数値となっています。若い世代はお正月太りが少ない傾向があるようですね。

一般的に、年齢を重ねると代謝が悪くなるといわれていますが、“お正月太り”に関してもコレは例外ではなさそうですね。

 

以上、今年の“お正月太り事情”とその傾向についてお伝えしましたが、いかがでしょうか?

お正月であってもアクティブに行動したほうが、お正月太りを避けられるのは明らかですよね。運動量はもちろんのこと、家でダラダラ食べ続けないようにするのも“お正月太り”を回避する方法のひとつです。

年々代謝が悪くなるので、一度増えてしまった体重を戻すのは至難の技。お正月だからといって食べる量を増やしてしまうと、あっという間に体重が増加してしまいますよ。

“お正月太り”が気になっていた方は、まずは運動量を増やすために、ぜひアクティブな行動を心がけてみてくださいね。

 

【関連記事】

※ マジ…!? 健康・美容イイはずの「果物ジュース」に潜む落とし穴3つ

※ 交通事故より危険!夏の11倍リスクが高まる「ヒートショック」予防法

※ 正月太りが気になる方必見!「太らない食べ方」の極意はコレだった

※ 食べたいけど痩せたい!そんなワガママを叶えてくれる「魔法の食品」5つ

※ ほんとにヘルシー?「コンビニ弁当」に含まれてるちょっとヤバいもの3つ

 

【参考】

『2015年も新年から71.3%もの人がお正月太りに!若年層ほどお正月太りをしていないことも!その理由は?』 – microdiet.netレポート