ゲッ…やってる!「お金の悩みをこじらせちゃう人」のNG習慣5つ

by 坂本正敬 |

お金, , ,

お金の悩みは、本当に大変ですよね? 

月末になるとお金がどうしても足りなくなる、ローンの支払いが負担で毎月かなりの節約を強いられているなど、悩みの形もいろいろだと思いますが、実はそうしたお金の悩みから一生抜けだせない人には共通点があると分かりました。

そこで今回は、米国心理学会の情報を参考に、お金の悩みから抜け出せずどんどん貧乏になってしまう人の特徴をご紹介します。

 

■1:節約方法を細かく紙に書き出さない

お金の悩みを解決しようと思ったとき、多くの人が節約をするはずです。ただ、家族なり個人なりで取り組む節約方法のルールを、しっかりと紙に書き出して明確にしていますか? 

何となく光熱費を節約しよう、出費を減らそうと頭で考えているものの、出費の額は結局は変わっていないというのでは報われません。

「冬場はカーテンを閉め、暖房は20℃に設定、寒ければ1枚余分にカーディガンを羽織る」など、節約ポイントを具体的に書き出すだけでも違ってくるといいます。

また、定期的にどの程度節約効果があったか、皆でチェックできるといいですよね。

 

■2:稼ぐ力を伸ばそうとしない

経済的に苦しい状況が続くと考え方もネガティブになり、目先のお金のやりくりで頭がいっぱいになってしまいます。それでも、つらい気持ちを原動力に「この苦しみを乗り越えてやる!」と考え、成長や変化のための努力を行えない人は、苦しい生活を根本的に脱出できないとか。

もちろん収入アップは簡単ではありませんが、会社の研修プログラムや自治体が行っている無料セミナーなどに参加して、収入を上げる努力を始めたいですね。

 

■3:家族全員で食事をとらない

家族と同居している場合は、家族全員で同じ部屋に集まり、食事をとった方が光熱費も食費も節約になります。また一緒に食事を取る回数を増やすと、家族の結束が高まり、お金の悩みを家族全員で乗り越えようという気持ちにもなりやすいはずです。

いろいろな効果が期待できるので、ぜひとも始めてみてください。

 

■4:不健康なストレス解消法に頼る

お金の悩みをお酒や過食、向こう見ずな買い物などで解消しているうちは、根本的な解決になりませんし、自分の健康な体を壊す恐れも出てきます。

家族がいれば、不健康なストレス解消法は口論の原因にもなりかねません。ウォーキングやランニングなど、お金を掛けずに心身をリフレッシュし健康を維持できる趣味は幾らでもあります。お金のストレスは、健康的に解消してみてくださいね。

 

■5:浪費癖や借金癖を一気に治そうとする

給料日前にキャッシングを利用してしまう、ランチだけで毎日2,000円近く使っているなど、お金に悩んでいる人の中には、家計に負担になるような悪習慣をもつ人も少なくないはず。

ただ、そうした習慣を一気に正そうとしても、簡単ではありません。気が付いたらまたずるずるとキャッシングをしていたなどのケースも考えられます。

悪い浪費癖や借金癖があるのならば、一歩ずつ変えてみてください。例えば毎月2万円のキャッシングをしているのならば、自分の中で月額上限金額を3割減の1万4千円にして、慣れてきたら、さらに上限金額を1万円に下げるなど、長い間染み付いた悪い習慣をちょっとずつ解決していくと、いいようです。

 

以上、お金の悩みを抜け出せずにどんどん深みにはまる人の特徴をまとめましたが、いかがでしたか? できることから取り組んでみたいですね。

 

【関連記事】

子どもが将来マネしちゃう…お金にまつわる「親のNG習慣」4つ

2015年は着実にグングン貯める!「お金を引き寄せる」8つのステップ

年末こそ始めどき!「貯め上手さん」が実践してる意外なお金の習慣3つ

お金も時間もかけずにキレイに!今スグできる「節約時短美容」のコツ4つ

お金が貯まらない原因!断りにくい「ランチのお誘い」を上手にかわすコツとは

 

【姉妹サイト】

※ これでザクザクお金が貯まる!? 働き女子はマネしたい金運アップ術3つ

※ 意外とやってる人多し!専門家が絶対やらないブラジャーの洗濯法

 

【参考】

Tax day: Strategies for managing money stress – American Psychological Association

Managing your stress in tough economic times – American Psychological Association