一体何が違うの?「おごられモテ女子」が実践しているマル秘テク5つ

by 並木まき |

人間関係, , ,

男性からデートに誘われて、毎回料金を払ってもらえる“おごられ上手”な女性と、残念ながらそうでない女性の「いったいナニが違うの?」と、不思議に思ったことはありませんか?

婚活中の女性はとくに、いいなと思う男性と会うたびに割り勘で負担すれば、あっという間に金欠に……と悩む人もいるのではないでしょうか。

“おごられ上手”は“節約上手”ともいえそうですが、婚活も貯金も両立できたら嬉しいですよね!

そこで『gooランキング』が公表しているデータも参照しつつ、おごられ上手な女性が実践しているマル秘テクを5つご紹介しましょう。

 

■1:「ごちそうさま」が笑顔で言える

食べ終わったあとに「ごちそうさま」を言うのは基本的なことですが、男性は案外と厳しくチェックしているようです。

挨拶ができない子は、だらしない印象や育ちが悪い印象を与えてしまい、その時点で本命視されない危険も。

「この子とご飯を食べて、よかったな」と思ってもらうためにも、基本的な挨拶は欠かさないのが重要です。

 

■2:美味しそうに食べる

「太っちゃうから、どうしよう~」とせっかくの料理を残したり、好き嫌いが激しくて選り好みしたりしている姿は、男性をゲンナリさせます。

「この子と食べてもつまらないな……」と思われてしまうので、会計時にも当然、割り勘になる可能性が高まります。

 

■3:会計時に少し負担させられてもお礼を言える

最初のデートでお互いが“様子見”の場合、あえてお会計を全額払わない男性もいるんだとか。

多めに払ってくれた場合には、多少自分の負担があったとしてもキチンとお礼を伝えるようにしておきたいところです。

内心では「ケチ男なの!?」と不満だったとしても、もしかしたらカレはそんなアナタの様子を、初回ゆえに、じーっとチェックしているだけかもしれません。

 

■4:払うかどうかにかかわらず財布を出す

“ご馳走してもらって当たり前”という態度は、お金を払う男性からすればゲンナリしてしまうもの。とくにデートを始めた最初の頃は、フリだとしても財布を出すのはマナーといえるでしょう。

「オレが払うからいいよ」と言ってもらえたら、すかさず笑顔でお礼を伝えるのも忘れずに。

 

■5:文句を言わない

お店の雰囲気が悪い、店員の態度が悪い、味付けが濃すぎる……たとえ本心ではそう感じたとしても、食事デートで安易に言葉にするのは危険です。

せっかくカレが予約してくれたレストランですから、文句は言わずにその時間を素直に楽しむように心がけましょう。あれやこれやと文句が多い女性に、ご馳走してあげたいと思う男性は少ないのです。

 

以上、“おごられ上手”な女性が実践しているマル秘テクをご紹介しましたが、いかがでしょうか?

交際が長くなり、2人なりの会計ルールが出来上がるまでは、食事デートの会計はどう振る舞っていいのか悩んでしまう女性も少なくありません。

とはいえ、恋人探しの段階で毎回お金を払い続けていたら、彼氏ができる前にお金が底をつくなんてことにもなりかねません。

婚活と節約を両立できるよう、意識してみてくださいね!

 

【関連記事】

※ 男性はここを見ている!食事デートを成功させる「愛され行動」5つ

※ 恋がすぐ終わる原因はコレ!? 食事デートでの「ドン引かれNG行動」5つ

※ ドン引きされちゃう!おうちデートで「不潔認定」されるベッドまわりのNGポイント

※ デートでは絶対避けて!彼がドン引く「食べ方が汚くみえる危険フード」5つ

※ 彼の本性バレバレ!お互いの相性を見極めるのに最適なデート4パターン

 

【姉妹サイト】

※ えっソコがイイの!? 「男性がメロメロになる」 働き女子の魅力ポイント3つ

※ プロポーズされたい場所1位!モルディブを抜いたある町の絶景とは

 

【参考】

“おごられ上手”な人が欠かさない行動ランキング – gooランキング