栄養士は常備してる!「痩せ体質キープ」のために必須な食品7つ

by 相馬佳 |

美容, , ,

20150219soumawooris085

厚いコートを脱いで薄着になる春も間近。皆さんの“2015年のダイエット計画”は、今のところうまくいっているでしょうか? 生活していればイライラすることも、お腹が空くこともあり、ダイエットは楽ではありませんよね。

「ストレスで、つい冷蔵庫に入れた甘いものに手を出しちゃう」「お腹が空くと、手当たり次第食べてしまう」という悩みを抱えたあなた! もしかして常備しておくべき食品を間違っていませんか?

そこで今回は、海外の健康・美容情報誌『Women’s Health』の記事を参考に、栄養と健康的なダイエットのプロが常備する食品をご紹介しましょう!

 

■1:卵

栄養がたっぷり詰まり、“完全栄養食品”とも呼ばれる卵。さまざまなレシピに使え、美味しくてとても便利。簡単に調理でき、体に必要なさまざまな栄養素やエネルギーを補給してくれるので、栄養士もオススメの食材です。

健康的なダイエットに欠かせないタンパク質も豊富なので、いつも常備しておきましょう!

 

■2:オーガニックのイチゴ類

「甘いものが食べたい……」とフラフラ冷蔵庫に手が伸びたとき、そこにあるのがイチゴだったら美味しくヘルシーにそんな気持ちを満足させることができそうですね。ある栄養士と家族が好むおやつがこのイチゴだそうです。

また、スムージーなどにも使えるブルーベリー、ストロベリー、ラズベリーなどのイチゴ類を選ぶ場合は、オーガニックのものがオススメです。

 

■3:ブロッコリー

ダイエットだけでなくさまざまな健康上の利点があり、調理も簡単なブロッコリー。サラダや夕食の付け合せ、おかずが一品足りないとき、お弁当に彩を添えるときなど大活躍してくれるので、これも栄養士が欠かさない一品だそうですよ!

 

■4:ピーナッツバター 

タンパク質やビタミンEがたっぷりのピーナッツバター。不健康なマーガリンや、脂肪分の高いバターよりも健康的なチョイスです。

腹持ちもよく、満足感も高いので、栄養士も多用しているということです。購入時は、糖分が低く良質の食材を使った“ナチュラル”ピーナッツバターを選びましょう!

 

■5:プレーンヨーグルト

ダイエットと美の秘訣は健康な腸から! というわけで、栄養士がお気に入りのおやつといえばヨーグルト。最初からフルーツ入りのものは加糖分が多くダイエットにはならないので、無糖のプレーンヨーグルトで、乳酸菌などの善玉菌がたっぷり配合されたものを選びましょう。

甘味を足して満足感をアップさせたい場合は、上記のオーガニックイチゴやハチミツなどを自分でプラスしましょう。

 

■6:アボカド

美女子になるために必要なオメガ3脂肪酸や、各種ビタミン、ミネラルなどの栄養分がたくさん詰まっているアボカドは、美肌や病気予防にも効果的な食材です。

ある栄養士は、「朝、昼、夜にいろいろなレシピに使って食べるけど、飽きることがない」と大絶賛! 腹持ちも抜群なので、サラダなどにプラスするといいですね!

 

■7:レモン

ビタミンたっぷりのレモン。ある栄養士は、水を飲むときにレモンをシュッと絞ってプラスするそうです。これだけで、栄養のある水を美味しく飲むことができますよ!

 

以上、栄養士が冷蔵庫や食品庫に常備している食材7つをご紹介しましたが、あなたはこのうちいくつ常備していましたか?

お菓子やインスタント食品をどっさり入れておいたら、ダイエット失敗の元なので気をつけてくださいね!

 

【関連記事】

エッ…これもダメ!? 医師が「自分では絶対食べない」アブナイ食材5つ

栄養士は知ってる!40歳過ぎても「痩せ体質」をキープできるカンタン食生活

ダイエットの敵はコレ!栄養士が教える「今すぐやめるべき」NG食習慣5つ

痩せ体質には理由がある!「ダイエットしなくてもスリムな女性」の秘密5つ

このチャンスを逃がしちゃダメ!「ダイエット勝ち組」になる朝活用ルール6つ

 

【参考】

11 Foods Nutritionists Always Keep In Their Refrigerators – Women’s Health