知ってる!? 40代以降の肌を「シミから守る」成分は●●酸と判明

by 相馬佳 |

美容, , ,

PR

いよいよ3月に入り、寒い冬もそろそろ終わり。緑の草木や花々が芽吹く春は、誰もが楽しみにする季節ですよね。

でも春になると、気になるのが紫外線量。

だんだんと降り注ぐ量が多くなってくるのに、ケアへの意識は薄いままになりがちで、大人の女性の肌にとっては特に危険な季節です。あなたはすでに、紫外線対策を始めましたか?

「ええっ、そんなのまだしてない……どうすればいいの?」という方に、今日は美しく白い肌をキープするのを助けてくれる、とっておきの方法をご紹介します!

 

■大人のシミが手ごわい理由は?

40代に入ると、顔にシミが増えてくる女性もいるでしょう。ひとたび顔にシミが1つできると、その数はどんどん増えていきます。そしてシミは1度できると、なかなか消えてくれません! 

大人の肌にできるシミが手ごわい理由には、次の3つが挙げられます。

(1)大人の肌は、紫外線への反応が早い

子どものころから浴び続けてきた紫外線の影響が徐々に出てくるのが30~40代を過ぎたころ。その結果、肌にあるメラニンをつくる細胞が紫外線に反応しやすくなってしまいます。

(2)メラニン生成の加速が止まらない

紫外線ダメージを記憶した肌は、シミのもととなるメラニンが加速的に増え続けて、シミが定着しやすいといいます。

(3)お肌に有効成分が届きにくい

40代前後になると、肌のターンオーバーが滞り、肌表面に古い角質が厚く重なります。そんな肌は、有効成分を含むスキンケア製品を使っても、成分が浸透しにくい状態になってしまうのです。

では、こんなトラブルを抱えた40代以降のお肌は、いったいどう守ればいいのでしょうか?

 

■メラニン生成を抑えるアプローチとは

大人の肌をシミから守るためには、シミのもとになるメラニンを作らせないことが重要。そこで注目したい成分が、メラニン生成が始まる前に紫外線のダメージをブロックする“コウジ酸”です。

スキンケア・ヘアケア製品を研究・製造する三省製薬は、日本酒を造る杜氏の手が、ひときわ美しいことに着目。仕込みの過程で使われる“麹(こうじ)菌”から生まれるコウジ酸に、美白作用があることを解明しました。

その後13年間をかけ、シミに働きかける化粧品成分としての開発に成功し、美白有効成分として、厚生省(当時)の承認も受けたのです。

そんなコウジ酸の開発元である同社が、この成分をたっぷり利用して作った美白製品が『デルメッド  ホワイトニング クリームI』

コウジ酸が紫外線を受けた肌のトラブル源をブロック! お肌にメラニン生成をさせないため、シミができないという仕組みです。

さらに、加齢によって発生する肌の黄ぐすみの原因“AGEs(エージーイーズ)”の生成を抑制する働きもあるとのこと。

 

■今なら初回限定キャンペーン中!

コウジ酸クリームと、基本スキンケア4点が入った『デルメッド』の『美白体験セット』、8,000円相当ですが、デルメッドが初めての方限定で1,800円(送料無料)で購入できます。

基本スキンケアとあわせて使うと、クリームに配合されているコウジ酸の角質層への浸透が高まるそうですよ。

手軽な価格なので、「春に向けての紫外線対策、何もしてなかった……」という場合でも、気軽に始められそうですね。

 

以上、大人の肌を紫外線によるシミから守る方法をお伝えしましたが、いかがでしょうか?

その効果を実感したら、2度と手放せなくなる『デルメッド』。紫外線が強くなるこれからの季節、大活躍させてくださいね! きっとお友達にも「あなたの美肌の秘訣って何!?」と羨まれるはずですよ。

 

【参考】

デルメッド 美白体験セット ‐三省製薬株式会社

※ コウジ酸 研究開発レポート