1日3杯は飲みたい!? 知られざる「紅茶のすご~い効能」5つ

by 中田綾美 |

注目, , ,

ほっと一息つきたいときに飲みたくなる“紅茶”。茶葉から丁寧に淹れてもよし、ティーバッグで手軽に淹れてもよし、紅茶を飲むと、なんだか気持ちが和みますよね。

そんな紅茶ですが、実はからだに嬉しい効果もたくさんあるのをご存じでしょうか? 今回は『WooRis』や『美レンジャー』の過去記事を参考にしつつ、知られざる紅茶の効能5つをお届けしたいと思います!

 

■1:アンチエイジング効果

紅茶に含まれる“テラフラビン”や“紅茶フラボノイド”は活性酸素を除去してくれるといいます。

活性酸素とは、老化の原因となる物質。そんな活性酸素を除去する成分を含むということで、紅茶にはアンチエイジング効果が期待できそうです。

 

■2:ダイエット効果

紅茶にはダイエット効果もあるのだとか。紅茶に含まれる“紅茶カテキン”には糖分分解作用が、“カフェイン”には脂肪分解作用・脂肪燃焼促進作用があるといわれています。

ちなみに、カテキンといえば緑茶のイメージがありますが、実は緑茶よりも紅茶のほうが多く含まれているそうですよ!

 

■3:免疫力アップ効果

紅茶は生姜との相性が抜群。生姜の独特の風味が苦手という人でも、生姜紅茶ならゴクゴク飲めちゃう場合も多いのだとか。

紅茶と生姜はともにからだを温める効果があるので、生姜紅茶はからだの免疫力を高めるのにぴったり。免疫力がアップすると花粉症緩和にもつながるので、紅茶はこの時期オススメのドリンクといえそうです。

 

■4:消臭効果

“紅茶カテキン”には消臭効果もあるので、口臭予防も期待できるとのことです。

また、茶葉にはニオイを吸着する効果もあるので、部屋や下駄箱のいやなニオイを除去したいときには、紅茶の茶葉やティーパックを布袋に入れて置いておくといいでしょう。

 

■5:虫歯予防効果

歯磨き粉に配合されることも多い“フッ素”ですが、紅茶の“タンニン”という成分にもフッ素が含まれるそうです。フッ素は歯のエナメル質の強化に役立ちます。

また、“紅茶カテキン”や“紅茶テラフラビン”には、歯垢を予防する効果があるとのことなので、紅茶には虫歯予防も期待できそうです。

 

紅茶にこんな効能があったなんてちょっと驚きですね。なんだか紅茶を飲みたくなってきたような気がしませんか?

ちなみに、日東紅茶でおなじみの三井農林株式会社では、紅茶のイメージアップをはかるべく『eYeka(アイカ)』というソリューションを活用して「日東紅茶デイリークラブ」動画コンテストを開催したとのことです。

その栄えある第1位に輝いたのは、なんとロシアの作品。絶対に真似してはいけない(?)斬新な紅茶の淹れ方の数々を紹介している同動画は一見の価値アリです。

「日東紅茶デイリークラブ」動画コンテストの特設サイトでは、この動画をはじめとするユニークな入賞作品を期間限定で視聴できるとのこと。紅茶の魅力を再発見できる動画がいっぱいですよ! ぜひチェックしてみてはいかがでしょうか?

 

【参考】

「日東紅茶デイリークラブ」動画コンテスト結果発表特設サイト