知らないと老け顔に!? 洋服選びに欠かせない「カラータイプ」とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存

洋服にはわりとお金をかけていて、結構“衣装持ち”なのに、なぜか「人からファッションを褒めてもらえない!」というお悩みをお持ちの方はいらっしゃいませんか。

そのお悩み、もしかしたら、持っている服の色があなたに似合っていないからかもしれません。色が似合っていなければ、センスが悪く見えてしまうものです。

さらに、似合わない色を身に着けていると、老けた印象に見えてしまうことも。これでは損ですよね。今回は、カラープロデューサー・今井志保子さんの著書『色で美人に生まれ変わる!3daysレッスン』を参考に、似合う色選びについてお伝えします。

 

■タイプは大きく2種類に

肌の色を大きく分類すると、“黄~オレンジっぽい色み”、“青~紫がかった色み”の、2種類に分かれるとのこと。そして、それぞれの肌に似合う色は、やはりそれぞれの肌と同じ色みを含んだ色なのだそうです。

ということで、あなたが似合う“カラータイプ”は、肌の色みによって、それぞれ“黄み肌”=ゴールドタイプ、“青み肌”=プラチナタイプの2種類どちらかということになります。

大まかにいうと、肌の色が黄~オレンジがかっていて、唇の色や瞳の色にも黄みが感じられるという方はゴールドタイプです。肌の色が青~赤紫がかっていて、唇の色が赤紫っぽく、瞳の色に赤みが感じられる、という方はプラチナタイプになります。

皆さんはどちらのタイプでしょうか?

 

■同じ“赤”でもタイプによって似合う色が違う

それぞれに似合う色は、ゴールドタイプでは、黄やオレンジ色っぽさを感じる色、プラチナタイプでは、青や紫色っぽさを感じる色、となります。

一例を挙げると、たとえば“赤”の場合、ゴールドタイプに似合う赤は“トマトや印鑑の朱肉のようなオレンジっぽい赤”。プラチナタイプに似合う赤は“赤ワイン、ルビー、いちご、真紅のバラのような青~紫みの赤”なのです。つまり、同じ“赤”といっても、それぞれ似合う赤は異なるというわけです。

 

■似合わない色を身に着けていると、老けた印象に

洋服やメイクの色は、常に顔や体に反射しています。そして、自分の肌の色に似合わない色の服を着たり、似合わない色をメイクに使ったりすると、反射したときに、グレーの影ができてしまうとのこと。これで、肌がくすんで見えてしまうのです。

つまり、似合わない色を身に着けると、顔色が悪く見え、老けた印象になってしまう、ということなのです。

逆に、ファッションやメイクで、自分に似合う色を使えば、色が肌になじみ、血色が良くいきいきと輝いた顔に見えますよ。

色選びに気をつけるだけで美しく見えるのですから、利用しない手はないでしょう。自分の良さを最大限引き出すために、ぜひ自分のカラータイプ、似合う色を知っておきたいですね。

 

以上、似合う色選びについてお伝えしましたが、いかがでしたか? 

自分のタイプを知ると、洋服選びのときに色で迷うことが少なくなり、短時間で楽しい買い物ができます。皆さんも、自分のカラータイプを知って、自分の良さを活かす洋服選びやメイクを楽しんでくださいね。

 

【関連記事】

※ 88.7%に違いが!美肌になれる本物のプラセンタサプリの確認方法

その「財布の色」マズいかも!? 浪費癖をストップさせるのは●色と判明

色で本性まるわかり!? 「気になるあの人」の性格を判断する方法とは

※ 栄養士は絶対やらない!「確実に太る夕食」NGパターン4つ

※ 来週までに絶対痩せたい人必見!「体重を今スグ落とす」7つの技

 

【姉妹サイト】

※ 最初の7秒が勝負!一生役立つ「第一印象を良くする」たった3つのコツ

※ 2回目がないのはなぜ?男性が冷める「初デートでのNG行動」5つ

 

【参考】

今井志保子(2015)『色で美人に生まれ変わる!3daysレッスン』(SBクリエイティブ)