ヤダッ…体重計に乗るだけ!? 究極の「ずぼら」ダイエット5つの技

by 吉田和充 |

健康・病気, , ,

「ダイエットに興味はあるけど、なかなかやる気にならない」あるいは「全く続かない」……こういう人、多いのではないでしょうか? 確かにダイエットは、意志が強くないとなかなか続かないですよね。

しかし、安心してください。今回は、どんな人でもできる、究極のずぼらダイエットがあるんです。ダイエットはやりたいけど面倒臭いことが嫌だという人や、いつも3日坊主で終わってしまう人は注目です!

というわけで、今回は海外の女性のライフスタイル紹介サイト『AMERIKANKI』の記事を参考に、“誰でもできる究極のずぼらダイエット5つの技”を紹介します。

 

■1:体重計に乗る

体重が気になるようであれば、体重計に多く乗るようにしてください。「えっ!? ダイエット?」特にする必要はありません。ただ、体重計に頻繁に乗るだけでいいのです。

実は、体重計に頻繁に乗るだけで、体重を気にするようになります。これが大きなポイントです。

信じられないかもしれませんが、今までに数多くのレポートで証明されているのですが、体重を気にするようにするだけで、体重は減っていくといいます。なので、体重計に頻繁に乗るようにしてください。

 

■2:朝食は必ず食べる

体重が気になる人は、もしかしたら朝食は抜いたほうが痩せるのでは? なんて思っているかもしれませんが、そんなことはありません。むしろ、朝食をしっかり食べている人の方が、消化も良く、体重が大きく増えることがありません。

一度体重が減りだすと、そのスピードもはやいといいます。朝食を食べるだけですから、やらない手はないでしょう。

 

■3:スープかサラダを必ず食べる

このずぼらダイエットの良いところは、“食べない”のではなく、“食べる”ということでしょうか。とはいえ、食べる量を減らす必要もありません!

ただし、“スープかサラダ”を必ず食べるようにしてください。これは、特に外食の時に実践してください。これだけで体重が変わってきます。

 

■4:お皿は小さく

食事の際には、できるだけ小さいお皿を使ってください。これだけで、物理的にもあまり多くの量をお皿に盛ることはできないでしょう。

こうしたちょっとしたことが積み重なるだけで、体重は変わってきます。日々の細かいことが、大きな変化を生み出します。

騙されたと思って続けてみてください。繰り返しますが、お皿を小さくするだけです。

 

■5:ゆっくり食べる

食事のペースを少し落として、時間をかけてゆったりと食事をすることにしてください。そして、ゆっくりと味わって食べることを意識してください。

 

以上、“誰でもできる究極のずぼらダイエット5つの技”でしたが、いかがだったでしょうか? 簡単なことばかりですよね?

おそらく、「さあ、ダイエットするぞ!」と意識しなくともできることばかりだと思うので、普段の生活に取り入れてみてはいかがでしょう。ずぼらにやっていても、気づいたら痩せていた! なんてことになるかもしれませんよ。

 

【関連記事】

※ 山田優も愛用! 芸能人・モデルが指名する「ノンケミ」コスメが大ブレイク

※ 試してビックリ!「ただ意識を変えるだけ」で痩せられる簡単ダイエット4つ

※ ヘルシーな食事が失敗を招く!?「ダイエットに成功する脳」を作る3つの習慣

※ コレならできるかも!「ダイエットしなくても痩せてる人」の習慣5つ

※ 来週までに絶対痩せたい人必見!「体重を今スグ落とす」7つの技

 

【姉妹サイト】

※ 意外と見られてる!化粧崩れした「残念な先輩」にならないための秘策4つ

※ ダイエット経験者を調査!成功と失敗は「●ヶ月続くか」が分かれ道

 

【参考】

※ 7 Simple Tips for Lazy Dieters – AMERIKANKI