超面倒くさ子が教える!ポチャ子が痩せ子になれる「置き換え生活習慣」3つ

by 並木まき |

健康・病気, , ,

普通に生活しているだけでなぜだか太っちゃう!とお悩みではありませんか?

加齢とともに基礎代謝が落ちてくるので、若い頃と同じような生活を送っていると、とくに大食いしているワケでもないのに「痩せにくい」と感じるかもしれません。

そんな、加齢とともに下がってしまった基礎代謝分を補うには、摂取したカロリー以上の消費が必要ですよね。

超・面倒臭がりな“面倒くさ子”さんでも、特別な運動をしなくても、日々の生活習慣を置き換えるだけでダイエット効果を意識できるんです!

今回は、ポチャ子が痩せ子になれる置き換え生活習慣を3つ、時短美容家の筆者がお伝えします。

 

■1:“朝食を抜く”を“軽めに食べる”に

ダイエット中だからって、朝食を抜いてはいませんよね?

じつは、朝食を抜いた状態でランチを食べる習慣は、血液中に含まれる糖分の量を示す“血糖値”と、体内の糖分をコントロールする“インシュリン”の濃度が高まり、カラダのエネルギーを維持しようとして、脂肪を溜め込みやすくなるのです。

カラダが正常な状態を保とうと働く結果、脂肪が増え、ポチャ子になるなんて悲劇ですよね。

また、お腹がすくのでランチに“どか食い”を招きやすいことも、朝食を抜くと太るといわれる原因のひとつです。

朝食抜きでポチャ化している方は、軽めの朝食習慣に変えてみては?

 

■2:“炭水化物単品メニュー”を“栄養豊かなメニュー”に

ラーメンやパスタ、牛丼に親子丼など、炭水化物がメインのメニューを好むと、ポチャ子になりがちなのには理由があるんです。

牛丼でも並盛りで約540kcal、カルボナーラパスタは約740kcalともいわれ、これらのメニューは意外なほど高カロリーなんです。

基礎代謝が落ちているなか、高カロリーなメニューばかり食べていれば、一気にポチャ子街道まっしぐらなのはいうまでもありません。

サラダやスープ、小鉢などバランスのいいメニューを意識的にチョイスすることで、同じ満足度でも摂取カロリーを控え、美容や健康にも好影響をもたらしてくれるでしょう。

 

■3:“エレベーター”を“階段”に

移動中にエレベーターやエスカレーターを使う癖がある人は、これを階段に置き換えるだけでもエクササイズ習慣のひとつになるんです。

また、タクシーや自家用車で移動する習慣のある方は、何回かに1回だけでも徒歩に変えるだけで健康的なカラダを目指せます。

一般的に、30分歩くことで約80kcalを消費するそうなので、継続することで、低下した基礎代謝分をケアできるでしょう。

 

いかがですか? 若い頃と同じように生活していても、ただでさえ基礎代謝が下がっているから太りやすいのが30代以降。

だからこそ、生活習慣を変えることで基礎代謝をあげたり、カラダを整えたりして痩せやすいカラダをつくっておくことも大切です。

心当たりがあった方は、少しずつ変えてみるだけでもカラダの変化を感じられるのではないでしょうか。

 

【関連記事】

※ 「運動すればなんでもいい」は間違い!長寿をもたらすエクササイズ方法が判明

※ 「どうにも痩せない理由」が判明!異常な食欲は●●と関連していた

※ ウソっ…肥満って伝染するの?「人との接触でうつる」身近なアノ病気3つ

※ 本当は誰にも教えたくない!実は「食べるとドンドンやせる」すごいフルーツ3つ

※ 男性はここを見ている!食事デートを成功させる「愛され行動」5つ

 

【姉妹サイト】

※ ああ~いい気持ち…!仕事ストレスも解消「入浴は毎晩」のメリットとは

※ 水卜麻美アナを見習え!「ダイエット女子」にイラっとくる瞬間4つ