減らないのはなぜ!? 秋の恐怖「体重停滞期」の原因はコレだった

by 相馬佳 |

美容, , ,

今年も夏が終わり、涼しくなる秋がやってきましたね。暑すぎて食欲がなくなっていた夏と違い、秋といえば食べものが美味しい季節。でも、ダイエット中の人にとっては苦しい季節ですよね。

そんな時に「頑張ってるのに体重が減らない……」「ダイエットしてるはずなのに、体重増えてる!」という停滞期を迎えると、なおさらやる気が飛んで行ってしまいそう。

そこで今回は、ダイエット食品『マイクロダイエット』を展開するサニーヘルスによる体重停滞期に関する調査リポートをご紹介しましょう。

 

■体重停滞期は体の防衛反応

ダイエット開始後、最初の1~2ヶ月は体重が順調に減ることが多いもの。でも、夏前にダイエットを始めて成功した場合でも、秋ごろになると同じダイエットを続けているのに「アレッ!?」と思うほど体重が減らなかったり、逆に増えてしまったり。

一体、これはどういうメカニズムなのでしょうか?

サニーヘルスのリポートによると、ダイエット開始後しばらくして体重停滞期を迎えるのは、体の防衛反応が原因だそうです。

1ヵ月間に体重の5%以上が減ると、私たちの体は「飢餓状態かもしれない!」と判断して守備体制に入り、それ以上体重を減らさないよう危機管理を行うため、停滞期が訪れるとか。

だから、ダイエット中に体重が停滞してしまっているのはあなたのせいではない可能性大。「体が私を守ろうとしているんだ」と思ってくださいね。

 

■体重が減らない理由は他にも!

「ダイエットとエクササイズをしても体重が減らない」という場合、停滞期の他にも理由が考えられます。海外の健康情報誌『Women’s Health』ウェブ版記事を参考に、考えられる理由をお伝えしましょう。

(1)筋肉がついた

筋肉質の人は意外に体重が多いもの。それは、筋肉が脂肪より重いから。「ちゃんとエクササイズをしているのに、一向に体重が減らない!」という場合、脂肪が減って筋肉が付いた可能性も。

体型を見て「体が締まった」と思うなら、それでいいのではありませんか!?

(2)実は“ダイエット”の効果がない

「ダイエットもエクササイズもしているのに、体重も体型も変わらない」という場合、あなたのしていること自体に効果がないのかも……。

週に1回ヨガをして、おやつをガマンしたくらいでは、なかなか体重は減りません。エクササイズの頻度を増やし、食事内容などを見直しましょう。

(3)同じことをずっと続けている

ダイエットとエクササイズを始めた当初は順調に体重が減っても、同じことを続けていると体がカロリー燃焼しにくくなるそうです。

成功の鍵は“バラエティ”。ダイエット方法を変えたり、ジムで汗を流すほかにも、水泳やハイキングなどを取り入れてみては?

 

以上、ダイエットしてるのに体重が停滞している理由をお伝えしましたが、いかがでしたか?

停滞期は誰にでもあること。そこで「失敗した……」と落ち込んでダイエットをやめてしまわないのがポイントです!

あまり短期間に体重を減らそうとせず、体重だけでなく体型の変化も考慮に入れつつ、楽しみながら続けていきましょう。

 

【関連記事】

※ エッ…これもダメ!? 医師が「自分では絶対に食べない」アブナイ食材5つ

※ パン・パスタ・うどんが原因!? その体調不良は「隠れグルテン過敏症」かも

※ ああっ…それは食べちゃダメ!栄養士が「全力で避ける」体に悪い食品4つ

※ タバコと同レベルの害が!寿命を縮めてしまう「最悪なNG生活習慣」3つ

水代わりに飲んじゃダメ!暑い夏に欲しくなる「炭酸飲料」の悪影響4つ

 

【姉妹サイト】

※ ハイボールvsレモンサワー「ダイエット中のお酒」選ぶべきはどっち?

※ 何もしてないは大嘘!やせ子が無意識にやってるスリム習慣が簡単すぎ

 

【参考】

頑張っているのに体重が減らない!ダイエットの停滞期はどう乗り越える? – サニーヘルス

6 Reasons the Scale Won’t Budge – Women’s Health