わが子がダメ人間に!? 心身共に悪影響な「スマホ中毒」にする親のNG行動

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存

便利なスマホが登場して数年経ち、今では持っていない人のほうが少ないかも……という時代になりました。確かに便利で、一度使い始めると元には戻れない、という人も多いかと思います。

スマホ大好きは子どもも同じで、ふと気づくとママのバッグから出していじっているということも。ひょっとしてあなたも、スマホを子守道具として使いすぎていませんか?

今回は、不動産検索サイト『オウチーノ』が実施した「スマートフォンに関するアンケート調査」結果をお伝えします。

 

■スマホが子守道具として活躍中

調査は、首都圏在住の25~45歳の子どもがいる既婚女性300名を対象に行われたもの。

まず「あなたはどんな時に、お子様の目の前でスマホを操作しますか?」と尋ねると、1位は「お子様以外の被写体を撮影したいときに“カメラ機能”を使用する」(58.1%)。

わが子がダメ人間に!? 心身共に悪影響な「スマホ中毒」にする親のNG行動

 

2位は「1人で楽しむために“スマホゲーム”をする」(29.9%)、3位は「お子様と一緒に楽しむために“動画・写真・音楽”を視聴する」(29.6%)でした。

子どもの手本は親。親が子どもの前でスマホゲームに没頭したり、友達と延々とメッセージ交換をしたりするようでは、子どもが真似するのも頷けます。

また「育児中、どんな時にあなたはお子様へスマホを渡していましたか?」という質問では、1位が「子どもにスマホは貸さない」(32.5%)。

わが子がダメ人間に!? 心身共に悪影響な「スマホ中毒」にする親のNG行動

 

しかし2位「1人で遊んでもらいたい時」(26.3%)、3位「ぐずっている時」(25.5%)、4位「静かにさせたい時」(23.9%)と、スマホを育児のツールとして使う人が続出……!

これでは将来の子どもの“スマホ中毒”の基礎を、親自らが作っているようなものです!

 

■スマホ中毒で人生がダメになる?

「子どもがうるさいから仕方ない」と親は主張するかもしれません。でも「騒いだらスマホを渡す」クセをつけたのでは、薬物中毒症状を抑えるため薬物を与えるようなものではありませんか?

スマホは便利ですが、必要ない機能や中毒性の高いゲームで時間が無駄になる可能性も。海外の健康情報誌『Men’s Health』ウェブ版記事を参考に、スマホの使いすぎが人生をダメにする理由をご紹介します!

(1)睡眠不足になる

スマホが発するライトは睡眠不足の元になるそうです。睡眠不足で思考能力や生産性が落ちるだけでなく、ストレスや肥満、死亡率の上昇などとも関連性があるそうです。

(2)集中力がガタ落ち

メッセージやSNSが気になり、集中力が失われて仕事や家事などが手につかず生産性がダウン……。子どもも学校でスマホが気になって授業に集中できていないかも。

(3)人間関係がうまくいかない

スマホが気になって会話中ソワソワしたり、子どもの世話をおろそかにしたり……。バーチャル関係に重きを置きすぎると、実際の人間関係が悪化してしまいます。

 

いかがでしょうか。

スマホはあると便利ですが、便利さに慣れすぎると人間は本当に大事なことを忘れてしまうのかも。生活や仕事、人付き合いのツールとしてうまく使い、自分や子どもが“スマホ中毒”患者になることは避けてくださいね!

 

【関連記事】

※ 絶対避けたい!意外に親のエゴだったNG子育て法3つ

※ わが子が将来ダメ人間に?絶対やってはいけない「親の過保護」4つ

※ エッ…お魚も!? 必ず知っておいて「赤ちゃんにあげてはいけない」食べ物3つ

 

【SPONSORED注目記事】

成績アップも!? 子どもの集中力・記憶力欠如に絶対に必要なものとは

泣けるって話題…!? 「初めての親孝行」動画が注目されているワケ

※ 成長ホルモンがドバドバ!? 子どもの背が伸びる「伸長ドリンク」とは

 

【参考】

7 Ways Your Smartphone is Ruining Your Life – Men’s Health

スマートフォンに関するアンケート調査 – オウチーノ