なんと年間18万人が死亡!? 清涼飲料水が与える恐ろしい健康リスクとは

by 坂本正敬 |

健康・病気, , ,

突然ですが、清涼飲料水を普段からどのくらい飲んでいますか? 「ああ、のど渇いたな~」「なんか甘いものを口にしたい……」と思ったとき、普通に飲んでいますよね?

全国清涼飲料工業会の調べでは、“一人あたり年間で160リットル”近く消費しているそうです。だいたい1日500mlのペットボトル入り清涼飲料水を1本消費している計算になります。

ただ、この清涼飲料水、もちろん商品によりますが、飲み過ぎで年間18万人近くが世界中で亡くなっているとご存じですか?

そこで今回は、米タフツ大学の研究結果を基に、清涼飲料水の飲み過ぎリスクと、目安にしたい摂取量をご紹介します。

 

■清涼飲料水で年間18万人以上が死亡

米タフツ大学教授らの分析調査における清涼飲料水の定義は、ソーダやフルーツドリンク、スポーツドリンク、甘いアイスティーなど、糖質の多く含まれたドリンク。100%のフルーツジュースは除外されています。

その上で1980年から2010年にわたって、51カ国、のべ約60万人を対象に行われた62の食品に関する既存の調査を分析した結果、清涼飲料水によって年間133,000人が糖尿病で死亡、45,000人が心血管疾患で死亡、6,450人ががんで死亡していると結論が得られました。

死亡の要因は、大量に含まれた砂糖とそのカロリーの影響によるものだといいます。世界がん研究基金などによれば、糖質の多く含まれた清涼飲料水は“がんの発病”に関係がないとされていますが、ちょっと気になる数字です。

 

■1日25g以上の糖質には要注意

とはいえ、「全く飲むな!」という主張も極端です。実際にどの程度までならOKなのでしょうか?

世界保健機関(WHO)によれば、砂糖そのものの摂取は、1日に必要なエネルギー総量の5%以下に抑えるべきだと指標を出しています。

砂糖1gは4kcal程度。厚生労働省『日本人の食事摂取基準(2015年版)の概要』によれば、30代前後の運動量が普通の女性に必要な1日のカロリーは2,000kcal前後。その5%は100kcalですから、砂糖でいうと1日25gほど。

清涼飲料水はコカ・コーラの場合、500mlで56.5gの炭水化物(糖質+食物繊維)が含まれています。

一般的にこの手の飲み物は食物繊維が入っておりませんので、炭水化物=糖質。コーラを1本飲めば1日の目標値の2倍も摂取してしまう計算ですね。

口にするときには成分表で炭水化物(糖質)をチェックして、少なくとも1本で25gを超えるような飲み物は、控えるか量を調整したいですね。

 

以上、清涼飲料水の過剰摂取には要注意という話をしましたが、いかがでしたか? 「なかなか量が減らせない」という方は、水と交互に飲むという手も効果的ですよ。

 

【SPONSORED注目記事】

食生活乱れてない?「59種類の栄養素」が摂れるユーグレナとは

カルシウムだけじゃダメ!? テレビで話題の子供のための伸長方法

手遅れになる前に!「即、試してほしい」アラサー女子の冬の乾燥対策

セルライトを放置しないで!おデブ体質から抜け出す方法はコレ

まだ使ってないの!? 洗顔後の一工夫で「肌がもちもちになる」秘策

 

【参考】

Sugary Drinks Linked to High Death Tolls Worldwide : TuftsNow - Tufts University

Reducing consumption of sugar-sweetened beverages to reduce the risk of childhood overweight and obesity - World Health Organization