夫が鬱と言われたら?ストレスチェック制度の結果は誰に通知されるのか

by 三宮鈴香 |

人間関係, , ,

2015年12月1日から労働安全衛生法が改正され、労働者が50人以上の事業所では、ストレスチェックを実施することが義務付けられました。

では実際、従業員はどのようなチェックを受け、結果は誰に通知されるのでしょうか? プライバシーは守られるのでしょうか?

そこで今回は、厚生労働省が提供する『ストレスチェック制度導入マニュアル』を参考に、不安が尽きない新たな制度に迫ります。

 

■“ストレスチェック制度”実施の背景と目的

うつなど主なメンタルヘルスの不調にできるだけ早く気づき、対処をすることを目的に実施されることになったストレスチェック制度。

その背景には、内閣府の調査によると20歳から45歳までの日本人男性の死亡原因の第1位が自殺であることが予想されます。気力体力ともに充実し、働き盛りと呼ばれる年代の自殺は、その家族の安定をも揺らがします。

また、それによる経済的損失や医療費負担が、年々増加していることも社会的な問題になっています。多くの課題解決の糸口として、ストレスチェック制度は注目されているのです。

 

プライバシーは守られるの? 

ストレスチェック制度は、医師、保健師、厚生労働大臣の定める研修を受けた看護師や精神保健福祉士によって実施されます。記入した質問票の回収、評価、保存まで責任を持って行われることが約束されています。

質問の内容は、57項目で、心身の疲れ・職場の環境・人間関係など難しくないものばかりです。実際、筆者も回答してみたところ、10分程度で終えられる内容でした。この忙しい師走での施行を疑問視する声もありますが、1年に1回ペースならさほど負担もなさそうです。

今回のストレスチェック制度で一番不安視されているのは、結果が誰の手に渡るのかということでしょう。結果は、実施者から直接本人に通知されるため、同意なしに社内で共有されるなどの問題もありません。

もちろん、結果が直接会社に報告されることはないため、退職勧告や左遷に繋がるリスクもないよう厚生労働省は指導しています。

 

夫が鬱と診断されたら……?

では、夫がストレスチェック制度で鬱の可能性があると診断されたら、どうすればいいのでしょうか? 精神的な問題を抱えている人に「がんばって」と励ましてはいけないというのは知られていますが、他にどのような点に気をつければいいのでしょうか?

厚生労働省のサイト『こころの耳』によると、以下の2点に気を付けると良いそうです。

(1)家族の接し方

話し合って解決しようと「どうして病気になったのか?」など原因探しをしたり、気分転換にと旅行に連れ出したりするのは適切ではありません。

家で寝る、ボーっとしている時間も、療養には大切なのです。本人が話をしたがっている時は、よく話を聞いてあげる。見守るというスタンスこそが、家族の役目です。

(2)病院への付き添い

病院に付き添うことも有効でしょう。サポートの方法や病状の変化や現在の状態など、医師ならではの視点で説明してくれます。そして、万が一体調が悪化し、本人が受診できない場合も家族が代理で受診できるという点も覚えておきましょう。

 

以上が、新しく導入されたストレスチェック制度の概要です。このストレスチェック制度が、形式的なものではなく、職場環境の改善や、残業に対する規制などの判断基準になっていくことが期待されます。

それに加え、家族の理解やサポートもあれば、日本の男性たちの未来も明るくなっていくことでしょう。

(ライター 三宮鈴香)

 

【関連記事】

ここが地雷!夫が「仕事で抱えるストレス」3位は給料…1位は根深いあの悩み

本当に改善される?12月施行「ストレスチェック制度」に対する会社のホンネ

※ 「浮気されやすい女性の職業」3位看護師2位専業主婦を上回る、残念な1位は?

 

【SPONSORED注目記事】

※ 最高の贈り物は…!? 「初めての親孝行」動画が新しいと話題

今すぐやめて!6割の人が乱れている食生活のリスクと改善策

※ 老けたって言わせない!「9割の女性が悩む」肌トラブルにはコレ

 

【姉妹サイト】

※ JALのCA教官に聞いた!人間関係がうまくいく「感知力」の使い方

※ お金or愛?どっちがあるほうが「人生の満足度が高いか」答えが出た

 

【参考】

ストレスチェック制度導入マニュアル – 厚生労働省

こころの耳 – 厚生労働省

※ 平成26年版自殺対策白書 第1章 自殺の現状 – 内閣府