今すぐできるインフルエンザ予防策!ポイントは湿度と温度にあり

by 三宮鈴香 |

健康・病気, , ,

インフルエンザを予防する手立てでまず思いつくのは、手洗い、うがい、ワクチンの接種、外出時のマスク、良質な睡眠とバランスの取れた食事などでしょうか。

では、インフルエンザウイルスの活動が活発になるのは、どんな環境なのでしょうか? インフルエンザは、冬に猛威を振るう傾向にあります。つまり、寒さと乾燥に強い特性を持ったウイルスなのです。

よって、温度と湿度を適切に管理することが、予防の大事なポイントとなるのです。

そこで今回は、インフルエンザ予防に関する適切な温度と湿度の管理について、『WooRis』の過去記事や厚生労働省の資料を参考にしてご紹介します。

 

湿度管理がインフルエンザ予防に効果あり

インフルエンザウイルスの活動には、相対湿度が大きく関係すると言われています。相対湿度とは、空気中の水分量を一定に保った場合、温度が上昇すると空気中に含むことのできる最大の水分量が増加する為に湿度が下がる、というメカニズムを数値上で表したものです。

ウイルスを抑制するためには、湿度は40〜70%が理想とされています。また、同時に20℃以上の室温を維持することで、理想的な相対湿度が保たれるといいます。

これを基に、温度と湿度を管理することがインフルエンザ予防の大きな鍵になります。

 

家庭で湿度と温度を一気に上げる技とは?

エアコンや電気ストーブといった、使用時に水蒸気が発生しないタイプの暖房機器を利用すると、一気に室内の相対湿度が下がります。手軽さや、においが気にならないなどメリットもありますが、湿度を保つために加湿や換気が大切になってきます。

リビングで手軽に、湿度と温度を上げるためには煮炊きをするのが有効です。帰宅したら、まず食事の支度をすることで、インフルエンザを内側からも外側からもブロックしましょう!

 

外出時はマスクでウイルスを死滅させよ!

屋外でも、インフルエンザウイルスとの戦いは続きます。『WooRis』の過去記事「風邪予防だけじゃない!唇美人にもなれる”マスク”の意外な活用法」でご紹介しましたが、マスク着用時の高湿度により、ウイルスを死滅させることが期待できます。

マスクの有効性は、ウイルスをブロックすることだけに留まりません。自分のあたたかい呼気が湿度を保ち、ウイルスを死滅させるのに効果があるなんて驚きですよね。

 

以上、インフルエンザウイルスの予防に適した環境作りの方法をご紹介しました。

例年、11月から翌年の4月までインフルエンザは流行します。人間の過ごしやすい環境こそがインフルエンザの苦手な環境だとわかれば、インフルエンザも怖くない!?

(ライター 三宮鈴香)

 

【関連記事】

※ 肺がんや心臓病の恐れも…絶対に放置しちゃダメな「爪の変化」3つ

今スグ始めよう!医師や看護師が実践する「インフルエンザ予防策」

余ったお正月食品を活用!ダルさを撃退する「甘酒を活用したドリンク」2種

 

【SPONSORED注目記事】

たった1,000円で「感動のハリ」を実感!夫婦円満もコレだけでOK

まだ使ってないの!? 洗顔後の一工夫で「肌がもちもちになる」秘策

夫に老けたって言わせない!9割の女性の肌トラブルを改善する成分

 

【姉妹サイト】

※ インフル予防に「夜ヨーグルト」!免疫力を高める乳酸菌の実力比べ

※ 冷やすべきはこの4ヶ所!医師が教える「高熱をスーッと下げる場所」

 

【参考】

インフルエンザQ&A – 厚生労働省