「予防接種で逆にインフルエンザに感染する」は本当か?

by カズ シュライバー |

健康・病気, , ,

みなさんはインフルエンザの予防接種を受けましたか? 通常インフルエンザの予防接種は、受けてから約2週間ほどたってから効果を現すといいます。なので、心配な人は毎年秋に受けることがすすめられています。

でも、最近アメリカでは、「予防接種を受けるとインフルエンザになる」といった噂が流れており、この嘘か真かあやふやな理由からか、予防接種を受ける人が減りつつあります。

そこで今回は、インフルエンザに関する噂について、英語圏の情報サイト『Health News From NPR』『USA TODAY』を参考にしてご紹介しますね。

 

■アメリカのインフルエンザ予防接種事情

アメリカのラジオ局NPRが、昨年の10月半ばまでに3,000人を対象に行った「健康に関する世論調査」によると、62%の人が予防接種を受けており、残りの38%の人たちは“受けていない”という結果が出ました。

そして、受けなかった人のうちの48%は「必要なし」と回答し、16%の人たちは「副作用のリスクが心配だから受けない」と言っています。

そして、14%の人たちは「予防接種を受けるとインフルエンザにかかるから」との理由で、8%の人たちは「効果がない」と信じているから、と回答しています。

 

■“予防接種でインフルエンザにかかる”という噂はホント!?

インフルエンザワクチンを接種する予防注射ですが、注射を受けたあとに、注射したところが腫れたり、身体や筋肉の痛みがでたり、発熱したりしたことがある人もいるのではないでしょうか?

それは、身体がインフルエンザワクチンに対する抗体を作り始めている反応なので、予防接種でインフルエンザに感染したわけではないとのことです。ご安心下さい。

アメリカでは、毎年25,000人もの人がインフルエンザが原因で死亡しているそうです。ミシガン大学の伝染病学者ライアン教授は、ワクチンがインフルエンザを予防する一番の方法であると指摘しています。

 

いかがでしたか? 今回は「予防接種を受けるとインフルエンザになる」という噂について、その真実をご紹介しました。さて、あなたの疑問はクリアになりましたか?

(ライター カズ シュライバー)

 

【関連記事】

※ タバコが2位ってことは…1位は?「世界の死因トップ5」が意外に身近だった

その症状「風邪orインフルエンザ」!? 初期症状からの見分け方

看護師は絶対やらない!「子どもがインフルエンザになったとき」のNG行動4つ

 

【SPONSORED注目記事】

オバ顔の原因はコレ!「9割の女性が悩む」肌トラブルを改善する成分

悩んでないで試してみて!専門家が監修した薄毛・白髪の解消方法

すぐ痩せたいならモデルに学べ!5週間-9kgお手軽ダイエット

 

【姉妹サイト】

※ 迷ったら…コレ指名!パーティの手土産にお好み別「お手頃ワイン」リスト

※ 20年以上風邪知らず!医師会トップが実践する「緑茶うがい」がスゴイ

 

【参考】

Many Americans Believe They Don’t Need The Flu Vaccine - HEALTH NEWS FROM NPR

Can the flu vaccine cause the flu? - USA TODAY