それ習慣or依存症?タバコやコーヒーよりも「身近で意外な依存症」3つ

by カズ シュライバー |

生活, , ,

みなさん、なにかにハマっている、または習慣になっていることが、最低でも1つはあるのではないでしょうか?

でも「やめたければいつでもやめられるから……」と思ってそのままにしていると、実はやめたくてもやめられない、依存症に陥っている可能性があるんです!

お酒やタバコなどはいい例ですが、依存症のなかにはもっと意外なものも少なくありません。

そこで今回は、英語圏の情報サイト『Web MD』『Medical News Today』を参考にして、依存症と習慣の違いと、“依存症になる可能性のある意外なもの”を3つご紹介しますね。

 

■1:依存症と習慣の違いとは

まずはじめに、依存症と習慣の違いについてです。

(1)依存症・・・一言でいえば「これがないと生きていけない!」と思うような状態のこと。普通、依存症には精神的な面と肉体的な面があり、どちらも専門家の助けを必要とします。

お酒やタバコなどは、やめようとすると、頭痛が起こったりイライラしたり、といった禁断症状を伴いますよね? これは、まさに依存症です。

(2)習慣・・・習慣とは、自分でやめたいと思った時に、いつでも自分からやめられる状態のことをいいます。そして普通、習慣には精神的&肉体的なコンディションは関係してきません。

例えば、朝起きた時に必ずコーヒーを1杯飲む人がいたとして、何かの事情で飲むことができない場合に、「あとで飲めばいいや」と簡単にあきらめることができる人は“習慣”である人。一方、飲めないことで、イライラ等の症状が出てくる人は“依存症”になっている人です。

 

■2:意外な“依存症”の例

それでは、お酒やタバコの他に、どのような“意外な依存症”があるのでしょうか?

(1)エクササイズ・・・普通エクササイズは、依存症から抜け出すのに効果的なものなのですが、それもあまり度が過ぎると、エクササイズ自体の依存症になることもあります。

激しい運動をすると、脳内で気持ちの良くなるホルモンの“エンドルフィン”が作られて、いわゆる“ランナーズ・ハイ”という状態になり、これには依存性があるのです。

(2)チョコレート、スイーツ・・・砂糖にも依存性があることが分かっています。ですから、食べ始めると止まらない、食べないと気がすまない、という状態になってしまうわけで、ドラッグと同じような効果があります。

しかも、チョコレートには、依存性のあるカフェインも含まれていますから、ダブルパンチですね!

(3)ショッピング・・・もちろん、誰でも時には衝動買いで、必要のないものを買ってしまうことがあると思いますが、あまりによく買い物をする人はご用心。これはネットでの買い物も含みます。

欲しいものを買うと、気分を楽しくさせる“ドーパミン”というホルモンが生産されて気分が良くなるので、その気分をまた味わいたくて、ついまた何か買ってしまう、ということになってしまうんですね。

 

いかがでしたか? 今回は依存症と習慣の違いと、“依存症になる可能性のある意外なもの”を3つご紹介しました。その他のものでも、もし「依存症に当てはまるな……」と思う行動がある方は、シリアスな問題なので、お医者様に相談してみてくださいね。

(ライター カズ シュライバー)

 

【Specialコンテンツ(PR)

我慢するダイエットはNG!元ミスインターナショナルに学ぶ食事制限なしの健康ダイエット

※ 誰もが知ってる〇〇がお肌の救世主に? 医師が注目する驚きの美肌成分を試してみた

時短かつ高品質!? 忙しい女性のための「保湿と浸透」にこだわったスキンケア

 

【関連記事】

※ タバコ級にヤバい!毎日飲むと「4.6歳も細胞が老化」する飲み物とは

ゲゲッ…心当たりありまくり!スマホ依存なママの子どもは依存症のリスク大

衝動をおさえられない…繰り返すと破産!?「買い物依存症」の兆候6個

 

 

【姉妹サイト】

※ 朝イチのヨーグルトはダメ!? 効果がムダになる「乳酸菌のNG摂り方」

※ イカとガムに秘密あり!菜々緒がやってる「8頭身スタイルの作り方」

 

【参考】

Could You Be Hooked? Surprising Addictions – Web MD

What Is Addiction? – Medical News Today