あなたの2015年は何色だった?「今年を表すカラー」2位ブルー、1位は

by 相馬佳 |

生活, , ,

今年ももうすぐ終わろうとしていますね。あなたにとって、2015年はどんな年でしたか?

師走の12月は誰にとっても忙しい月ですが、バタバタするだけでなく、大晦日には1人で落ち着いてお茶でも飲みながら今年を振り返り、新年への誓いを新たにするいい機会でもあります。

そこで今回は、保険クリニックが実施した「2015年を振り返るアンケート結果」をご紹介しましょう!

 

■今年を色に例えると……?

調査は、20~60歳の男女500人を対象に実施されたもの。

まず、「2015年、今年はあなたにとっていい1年でしたか?」と尋ねると、「まあまあ良かった」と答えた人が34.0%を占めました。2位は「どちらでもない」で29.0%、3位「少し悪かった」が15.4%と、いいとも悪いとも言いがたい、多少“微妙な年”である場合が多かったようです。

次に、「2015年、今年を色で表すと何色ですか」と尋ねると、

1位・・・グレー(133人)

2位・・・ブルー(76人)

3位・・・白(47人)

4位・・・黒(44人)

と、なんとグレーが圧倒的1位に!

グレーは白と黒が混ざってできるどちらかといえば中途半端な色で、明るいイメージではありません。

「いい1年だったか?」という質問への回答と同様に、2015年が「いいとも悪いともいえない」というどっちつかずの1年だった……と思っている人が多いことがわかります。

 

■新年の抱負を達成する方法とは

グレーという色を見て、明るい気分になる……ということはあまりありませんよね。記事によると、グレーという色は“不安・悩み、混沌とした状態、中途半端さなどを象徴する”色だそうです。

「人生が灰色だ」という言葉でもわかるとおり、先が見えず、どちらに進んでいいかわからない……という不安を感じさせる色でもあります。

来年、こんな状態を抜け出すには、目標を立ててそれを守ることが大事。年末1年を振り返ったときに「コレが達成できた!」という思いがあれば、そんなグレーな気持ちは吹き飛ぶはず。

そこで、海外の情報サイト『Wikihow』の記事を参考に、新年の抱負を立て、達成するコツをご紹介します。

(1)達成しやすい抱負を立てる

例えば「2016年こそ絶対痩せる!」という抱負ならば、「15キロ痩せたい」というのはちょっと困難な感じ。「5キロ」なら十分可能な感じですよね。他のことでも同様に、達成が可能な抱負を立てましょう。

(2)周りの人々に触れ回る

不言実行、と言いつつ抱負を秘密にしていては、「どうせ誰も知らないからいいや」と怠け心につながりがち。周りの人々に抱負を吹聴して、逃れられない状況を作ってしまいましょう。

(3)紙に書く、またはタイプして印刷

抱負は頭で考えているだけではすぐに忘れがち。紙に書くか、タイプして印刷し、目立つところに貼っておけば、事あるごとに思い出さざるを得ません。

 

いかがでしょうか?

今から決意を固めて、2016年は目標を達成し、グレーな年から抜け出して青空のような爽やかで明るい色に変わるように努力しましょう!

(ライター 相馬佳)

 

【関連記事】

※ 収入が上がってもコレじゃダメ!将来「絶対貧乏になっちゃう」NG習慣3つ

それじゃ金運ガタ落ち!福の神が逃げる「貧乏確定」お財布パターン3つ

ヤバッ…それ私のこと!? 「早死にしやすい人」はこの3グループに当てはまる

 

【SPONSORED注目記事】

※ 最高の贈り物は…!? 「初めての親孝行」動画が新しいと話題

※ 白髪染めいらず!? 健康的に体の内側から「黒ツヤ髪を育てる」方法

悲報…!「セルライト」の凸凹を放置するとおデブ体質になるらしい

 

【姉妹サイト】

※ ゲッ…長風呂が「乾燥肌」の原因に!? 冬の肌ストレスになるNG習慣3つ

※ 掃除嫌いさんしか読まないで!2ヵ所だけでスッキリ「究極の掃除法」

 

【参考】

2015年を振り返るアンケート - 保険クリニック

How to Accomplish Your New Year’s Resolutions - WikiHow