食欲が止まらない!「中毒性の高い食品」ポテチ・アイスよりヤバい1位は

by 中田綾美 |

健康・病気, , ,

お腹が空いていなくても無性に食べたくなるもの。食べ始めたら満腹になってもやめられないもの。日ごろ口にしているもののなかには、そんな“中毒性”がある食べ物もありますよね?

このたび、ミシガン大学の研究者らが約500人の被験者へのテストを基に、そんな“中毒性のある食品ランキング”を作成しました。

海外の複数の情報サイトを参考に、危険度を7点満点で評価した同ランキングのワースト5を紹介しますので、自分の好物が入っていないか早速チェックしましょう!

 

■第5位:アイスクリーム(3.68点)

基本的に食品のなかでも、加工されたものや砂糖や脂肪分が多く含まれてカロリーが高いものは中毒性が高い傾向があるといいます。

つまり、味覚が「おいしい!」と感じるように味の最適化がはかられているものや、血糖値のバランスが崩れるものを食べると、人は食欲が抑えられなくなるようです。

アイスクリームはこの条件を満たすという点で、“中毒性が高い”食品のひとつに数えられます。寒い冬でも毎日食べたくなりますが、まとめ買いするのではなく、たとえば“週1回”などルールを決めて、その日に食べる1カップだけ買うようにしましょう。

 

■第4位:クッキー(3.71点)

コネチカット大学の研究によれば、クッキーを実験用のネズミに与えたところ、コカインと同じような中毒反応があったとのことです。

もちろん、人間とネズミではからだの構造などが違いますし、この研究結果をそのまま鵜呑みにするわけにはいきません。ただ、クッキーの誘惑に抗えず、1枚だけのつもりがつい食べ過ぎてしまう……という女性は多いはず。

 

■第3位:ポテトチップス(3.73点)

アメリカ化学学会の研究によれば、実験用のネズミに普段のエサとポテトチップスを与えて選ばせたところ、ポテトチップスが断然人気だったといいます。しかもネズミたちは食欲を満たすよりも快楽を求めてポテトチップスをむさぼるように食べたのだとか。

人間だってポテトチップスの袋をひとたび開封するや、空腹でなくても袋が空になるまで止まらなくなりますよね。

 

■第2位:チョコレート(3.73点)

ドレクセル大学の研究によれば、チョコレートを食べるとドラッグを使用したのと同じような快楽が得られ、もっと欲しくてたまらなくなるのだそう。

まさに“スイーツは別腹”といいますか、チョコレートやクッキーは満腹でも無限に食べられそうな感じがしますよね。

ただ、食べた分だけしっかりカロリーは蓄積されることをどうかお忘れなく。これらを食べるときは1粒、1枚あたりのカロリーをよ~く把握しておきましょう。

 

■第1位:ピザ(4.01点)

ピザはチーズ、クラスト、ソース、サラミなど加工食品の集合体のようなもの。とりわけ、チーズに含まれる“カゼイン”という成分に麻薬のような中毒性があるともいわれていることから、ピザが不名誉な1位に選ばれました。

そもそもピザは1切れだけでもかなり高カロリー! うっかり1枚食べちゃった……なんて事態にならないよう、ピザを食べるならなるべく大人数でシェアするようにしましょう。

 

以上、“中毒性のある食品ランキング”をお届けしましたがいかがでしたか? 筆者自身も一人暮らし時代によくありましたが、これらの食品は“孤食”すると止まらなくなります。

最後のピザの項目でもふれたように、これらの食品を食べたいときは、誰かと一緒に楽しむようにしましょう。

(ライター 中田綾美)

 

【Specialコンテンツ(PR)

※ ママ友から視線が痛い…アラフォー女性が「薄毛を実感するシーン」3つ

※ メイク直しが激減!ありそうでなかった「顔専用」の制汗ジェル

※ 忙しくても「すっぴん美人」!? 今話題の自然派化粧品を美容家が試してみた

 

【参考】

The 18 Most Addictive Foods - Authority Nutrition

10 Most Addictive Foods & How to Avoid Eating Them - Grandparents.com

Cheese is addictive as drugs, study finds - The Telegraph