本嫌いな子が育ってしまう「読み方を教える時」のパパママのNG行為3つ

by 吉田和充 |

子育て, , ,

子どもが読み書きできるようになると、やっぱり親としては嬉しいですよね。最近では、学校に上がる前から読み書きができる子が結構いますよね。

そんな読み書きですが、親が読み方を教えるときに“実はやってはいけないこと”があると言います。しかも、親はそれを意識せずに意外とやってしまっていることがあると言うのです!

そこで今回は、“子どもに読み方を教える時にやってはいけないこと3つ”を紹介します。

 

■1:難しすぎる本を与えてしまう

親としては、ついついやってしまうのがこれです。子どもにあった本というより、自分が読ませたい本、勉強になるような本、その子の能力としては難しすぎる本を与えてしまうことです。

子どもが読み書きができるようになって、文字に興味を持ち出すと、自然と子どもは本への興味を持つものです。そこで、親としては良かれと思って、難しい本をついつい与えてしまうことがあるのです。

これをすると、せっかく本に興味を持った子どもでも、一気に冷めてしまうことがあります。くれぐれも、その子にあった本を与えるようにしましょう。

少しづつでも文字が読めるようになれば、自然と多くの本、興味を持った本に向かっていくはずです。焦らず、ゆっくりと見守ってあげましょう。

 

■2:子どもの本読みに付き合わない

特に最初は、本が読めるようになった子どもの朗読を一緒に聞いてあげることが大切ですが、これがなかなかできない親が多いのです。

はじめは一つ一つの文字を読むのもたどたどしく、時間もかかります。最初は横で聞いていても、ついスマホをいじってしまったり、何か用事ができて席を外してしまったり、ということもあるでしょう。

ここは我慢のしどころです。子どもの朗読をじっくり腰を落ち着けて一緒に聞いてあげてください。子どもは一生懸命読むはずです。しばらくこれを続けていれば、やがて一人でも本を読めるようになります。

 

■3:機嫌の悪い時に読ませる

子どもの機嫌が悪い時に、無理に本を読ませようとしても、子どもにとってはあまり意味がありません。

というのは、機嫌が悪い時は子どもの集中力が続きません。無理に読ませようとすると逆効果。おそらく、子どもは本が嫌いになってしまうでしょう。

読ませるタイミングも上手に作ってあげましょう。

 

以上、“子どもに読み方を教える時にやってはいけないこと3つ”でしたが、いかがだったでしょうか?

親としては、子どもに早く文字が読めるようになってほしいがために、いろいろと本を読ませたいでしょうが、焦らずにじっくり子どもの成長に向き合うようにしてください。

(ライター 吉田和充)

 

【関連記事】

※ 親を見て子は育つ?わが子が「暴力的な子どもに育つ」夫婦のNG行動3つ

※ 子育てに「もう限界…助けて!」となる前に、知っておきたい救いの手3つ

※ 後悔先立たず!「後ろ向きな子ども」に育ってしまうパパママのNG子育て2つ

 

【SPONSORED注目記事】

カルシウムだけじゃダメ!? テレビで話題の子供のための伸長方法

セルライトを放置しないで!おデブ体質から抜け出す方法はコレ

35歳を過ぎると一気に老ける!? 手遅れになる前に絶対すべきこと

 

【姉妹サイト】

※ ノーベル賞もココから生まれる!「子どもの探究心を育む」4つの秘訣

※ 20年以上風邪知らず!医師会トップが実践する「緑茶うがい」がスゴイ

 

【参考】

※ 3 big mistakes to avoid when teaching kids to read - the Asian parent