なんと離婚の引き金に!姑との同居で「最初に決めておくべき」3つのルール

by 並木まき |

人間関係, , ,

両親が老いてきたことをキッカケとして、同居生活を始めるご家庭も増えているのだとか。

お嫁さんの両親なら気心が知れているので安心ですが、夫の親との同居はお嫁さんにとってストレスが多いといわれています。

「子どもの面倒を見てもらえそうだし、いっか」と安易に同居を承諾した結果、ストレスフルな日々に悩み、本気で離婚を考え出す嫁もいるのだそう!

お姑さんの性格によっては、同居生活のせいで円満だった夫との仲にも亀裂が入りかねません。

そこで、8年間の市議時代に3万人以上の人間模様を垣間見てきた筆者が、“姑との同居生活で最初に決めておくべきルールを3つ”お伝えします。

夫とも姑とも円満な関係を続けていくためには、生活圏を分けることがポイントになるようです。

 

■ルール1:食事は別

老いた姑が気の毒だからと、同居当初に食事を一緒にとるようにするお嫁さんも少なくないそう。

ですが、食事は毎日3度のことなので、やがてストレスの原因になることも多いのだとか!

味付けや食材に配慮しなくてはならなかったり、食事の時間まで合わせなくてはならなかったり……と、自由な食事ができずにストレスになっている嫁も。

介護など食事の介助が必要なケースを除き、基本的に“食事は別”と決めておいたほうが互いに自由な食事をとれることから、関係を円満にキープしやすいようです。

 

■ルール2:生活圏(とくに寝室)には勝手に入らない

同居でも二世帯でも、互いの生活圏を自由に行き来できるよう設計されている家は少なくありません。

用事がある時に簡単に出入りできる関係は便利な一方、留守中に勝手に入られることには苛立つ嫁も少なくないそう。

とくに、寝室に立ち入るお姑さんは、お嫁さんにとって大きなストレスに!

「雨戸を閉めようと思って」「宅配便が届いたから」などの理由があっても、自由に立ち入れる関係を築いてしまえば、留守にする前に「部屋を整えておかなくちゃ」などのプレッシャーもかかりがち。

“留守中は絶対に入らない”と明確なルールを設けておけば、お嫁さんは無用なプレッシャーから解放されます。

 

■ルール3:生活スタイルに意見しない

別々に暮らしていた時と異なり、洋服やコスメなどの持ち物、趣味や習い事など日々のすべてが丸見えになってしまうのが生活を共にするということ。

「その服は派手じゃない?」「メイクがケバいんじゃない?」「ネイルケアなんて主婦に必要なの?」などの外見への口出しをはじめとして、「習い事ばかり行って、家事は大丈夫なの?」など生活スタイルに意見されることでストレスフルに陥る嫁も。

お嫁さんの息が詰まってしまわないよう、「互いの生活スタイルに介入しない」と最初に夫に強く伝えてもらったほうが、後々のトラブルが少なくて済むようです。

 

いかがですか?

せっかく同居生活を始めるなら、お互いに気分良く生活したいですよね。これから始めようかなと検討している方は、ぜひ参考にしてみてください。

(ライター 並木まき)

 

【Specialコンテンツ(PR)

※ オバ顔の原因はコレ!「9割の女性が悩む」肌トラブルを改善する驚異の成分とは

※ まがいもの…に要注意!乾燥ケアの新常識「美容オイル」の正しい選び方

※ 「毛穴の黒ずみ」が消える!? 杉本彩もドはまりの●●がすごいクレンジング

 

【関連記事】

※ なんと…2人に1人の夫が「妻の実家」に抱いている衝撃的すぎるホンネ

※ 離婚決定のキーマンは実は姑?「別れた方がイイ嫁」認定される女性の特徴3つ

※ 「姑から嫌われる嫁」芸能人3位ダレノガレ、1位神田うの…2位は意外なあの人