えっ…数の子でパスタ!? 「お節の余り食材」意外過ぎるアレンジ方法

by 望月理恵子 |

生活, , ,

お正月料理、全部食べきりましたか? お正月料理は女性が家事をしなくて済むように、保存のきく料理が多いですが、さすがにそろそろ食べるのも飽きたころではないでしょうか。

しかも、親戚や近所の人などが集まるかもしれないと、家族だけでは食べきれない量を用意する家も多いようです。

そこで今回は、おせちの中でも余りやすい料理の活用法について、管理栄養士の筆者がご紹介いたします。

 

■1:煮しめ

野菜たっぷりでヘルシーな煮しめですが、日が経つにつれて形状が崩れてぐちゃぐちゃにもなりやすいですよね。

そんな煮しめは、豚ロース巻きに! 豚ロース薄切り肉の上に、煮しめをのせて巻き、塩胡椒してフライパンで焼くだけで、美味しくアレンジできます。ベーコンに巻くのもOK。

他にも茶碗蒸しの材料にしたり、ワンタンに包んで揚げたりしても美味しくアレンジできます。

 

■2:数の子

プチプチした食感が特徴の数の子。醤油で食べるのが一般的ですが、わさびマヨネーズや明太子マヨネーズなどをかけたて食べたり、それをサラダに混ぜたりすると違う味わいになります。

とびっこのような食感にも似ていて、味も淡白なので、細かくしてクリーム系や和風のパスタ料理に使っても美味しくいただけます!

 

■3:酢だこ

ちょっと甘みと酸味が混ざった酢だこ。なかなか他の料理との相性が難しいところですが、セロリやスライス玉ねぎを加えて、オリーブオイルを回しかけるだけでマリネに変身。他にも、お米を炊くときに酢だこと和風だしを加えて炊くとタコ飯としてもアレンジができます。

 

■4:なます

さっぱりしたなますは、おせちのときの箸休めに大活躍。しかし、毎日食べれば飽きてしまいますよね。そんなときは、生ハムでなますとスプラウトを巻くと、ちょっとオシャレなおつまみ料理にもなります。

なますを刻み、千切りキャベツとコーンを加えてマヨネーズで和えればコールスローとしても美味しくいただけます。

 

以上、いかがでしたか? 今回は、つい余ってしまいがちなおせち料理の活用法についてご紹介いたしました。

いくらお正月料理は保存食といえども、あまり長く放置すると劣化してしまいます。冷蔵庫の中を見て、もし余っているものがあれば、早めにアレンジして使ってみてください。

(ライター 望月理恵子)

 

【関連記事】

※ えっ…バナナも!? 常温保存ではなく「冷蔵庫に入れるべき」食品5つ

みんな大好きコンビニ飯!栄養士が注意している「冬太りを防ぐ選び方」3つ

※ 朝と夜で効能が違うの!? 納豆を食べるべきお悩み症状別のタイミング

 

【SPONSORED注目記事】

食生活乱れてない?「59種類の栄養素」が摂れる自然素材とは

たった1,000円で「感動のハリ」を実感!夫婦円満もコレだけでOK

泣けるって話題…!? 「初めての親孝行」動画が注目されているワケ

 

【姉妹サイト】

※ アッ…捨てちゃダメ!「書き損じた年賀はがき」を再利用する方法

※ 免疫力ダダ下がり!睡眠6時間未満だと風邪を4倍ひきやすいと判明