アァ悲劇!一瞬で「下品な女性」認定されるヤバい振る舞い3つ

by 並木まき |

人間関係, , ,

ママ友やご近所さんなど身近な人たちから「うわ~、あの人下品だわぁ」って思われていたら……! とんでもなく恥ずかしいですし、そんな風には思われたくないですよね。

でも、世の中には「あの人、下品よねぇ~」認定されちゃう人がいるのも事実です。

では、どんな振る舞いをしていると途端に“下品な女性”認定されちゃうと思いますか?

8年間の市議時代に3万人以上の人間模様を垣間見てきた筆者が、一瞬にして“下品な女性”認定される危険な振る舞いを3つお伝えしましょう。

 

■NG1:笑った口元が不潔

笑顔には人を癒す効果があると言われますが、笑っている人の口元って意外と目立ちますよね。

大口を開けて歯の銀歯が丸見えだったり、ニカッと笑った口元で歯が真っ黄色だったりすると、せっかくの笑顔も下品な印象を与えかねないよう。

女性が「ガハハハ」と大声で笑うのも微妙な印象を与えがちですが、それよりも笑ったときの口元に清潔感がない人は危険信号です!

 

■NG2:サバ女気取りで言葉が雑

ある程度の年齢を重ねている女性が、若者の流行り言葉を多用したり「ヤバイ」「マジ!?」「なんか」などのイマドキのワードを使いすぎると、下品な印象を与えてしまうこともあるそうです。

また、サバサバしている印象を与えたいからって「すごくね?」「●●がよぉ~」などの男性言葉を使う女性も、それだけで下品な印象を与えがち。

どんなにエレガントなメイクやファッションに身を包んでいても、発する言葉によって印象までガラリと変わってしまいますから注意が必要です。

 

■NG3:下ネタ・ゴシップの話題が多い

女性同士で井戸端会議や女子会でおしゃべりに花が咲くひとときは、楽しいですよね。

ですが、その話題が下ネタだったり誰かの噂話だったりが多い女性は、“性格が下品”って思われちゃうキッカケにもなるよう。

下品認定をされるだけでなく、噂話や悪口が多ければ人間性を疑われることもありますから、くれぐれもご注意くださいね。

 

いかがですか?

せっかくエレガントな所作を心がけていても、何かをキッカケに「下品な女性ね」と思われてしまったら、悔しいですよね。

心当たりがあった方は、ぜひ意識してみてはいかがでしょうか。

(ライター 並木まき)

 

【Specialコンテンツ(PR)】

※ ダイエットをサボっている人必見!話題のマンゴージュースがスゴイ

※ 紫外線ケアだけじゃダメ!? 夏終わりの「肌年齢を左右する」原因は〇〇にあった

短期間で-6.5kg!? 薬剤師が絶賛した効果の出る健康美痩せダイエット法とは

 

【関連記事】

※ 絶対言っちゃダメ…!良かれと思いきや「実は相手を深く傷つける言葉」2つ

※ 「セクシーな下着」は不正解!セックスレス解消の身近な魔法テク3つ

※ 自ら不運を呼び寄せる!言っていると不幸になる「ヤバすぎる口グセ」3つ