今日からヤメて!また月曜が憂鬱になる「週末のNG悪習慣」3つ

by 秦野理恵 |

生活, ,

新年がスタートして、仕事に家事に忙しい日々が始まりましたね。「やる事は沢山あるのに、本調子に戻らない、疲れやすい」というあなた、週末はどんな風に過ごしていますか?

『WooRis』の過去記事「ダラダラ過ごすと月曜がより憂鬱に!“日曜夜にしておくと良い工夫”5つ」でもお伝えしましたが、週末の過ごし方によっては、気分が上がらなかったり、週明けがだるくなってしまったりする場合があるんです。

そこで今回は、『THOUGHT CATALOG』の記事などを参考に、“今日からやめた方がいい週末のNG悪習慣”を紹介します。毎週月曜に疲れていて憂鬱なあなたは必見です!

 

■NG1:週末は必ず飲んでいる

「金・土・日は基本的に必ず飲んでいる」という方、多くないですか? 本当に“飲み会が大好き”なら良いのですが、付き合いや惰性で参加している方も少なくないのでは。

人とのコミュニケーションも大事ですが、たまにはお酒を抜いて、ゆっくり過ごす時間も大事。

友達と会うにしても、例えば、岩盤浴で汗を流した後に、ゆっくりカフェで話す等、身心共にリラックスできる方法に切り替えてみるのも良いかもしれません。

「週末なので、飲まないと!」の固定概念は捨てましょう。

 

■NG2:予定がないと寂しい

「週末に予定がないと、寂しくなってしまう」「時間が空くと、友達とご飯に行くとか、何かの集まりに参加するようにしている」など、“週末は必ず飲む”と同様に、“何か予定がないと寂しく感じる”人も、少なくないかもしれません。

でも、特に予定がない時に、“何となく”で、気の進まない集まりなどに参加すると、充実感がない上に、ストレスや疲れもたまりやすくなってしまいます。

もちろん、思い切って行ってみたら、案外楽しく為になる場合もあるのでケースバイケースですが、惰性だけで無理に予定を入れることは、お勧めできません。

予定がない時は、趣味に没頭する、近場でもまだ行った事のない所をぶらりと散歩してみるなど、自分の好きなことや、何か発見のありそうな事を気ままにしてみるのも良いのではないでしょうか。

 

■NG3:早く寝たらもったいない

「明日が休みなのに、早く寝たらもったいない」と、特にやることもないのに、ダラダラ夜更かししていませんか? “読みたい本がある、観たい映画がある”など、何か目的があるなら別ですが、明日が休みだからと、何となくネットサーフィンをしたり雑誌を見たり……。

だらだら起きているよりは、パッと寝て、翌朝早起きして、一日を有効に使う方が、遥かに充実した週末になりますよ!

無意味な夜更かしは、翌日に疲れが残る上に、起きる時間も遅くなりがちなので、損した気分になってしまうかも。

 

いかがでしたか? 自分の中で「週末はこう過ごすべき!」と決めつけてしまっている習慣はありませんか?

まったりする時間も大事ですが、“惰性”で、ダラダラ過ごしてしまうと、結果的に余計疲れてしまい、充実していなかったのに“週末疲れ”だけが残ってしまって月曜もスッキリしません。

身に覚えのあるあなた、週末の過ごし方を見直して、有意義な週末を過ごしましょう!

(ライター 秦野理恵)

 

【関連記事】

※ あなたの家は大丈夫?住んでるだけで「どんどん運気が下がる家」特徴3つ

※ 引き籠もると月曜朝がより憂鬱に!「日曜夜にすると良い」リラックス方法4つ

※ 「明日は月曜…」げんなりするサザエさん症候群を防ぐ方法3つ

 

【SPONSORED注目記事】

泣けるって話題…!? 「初めての親孝行」動画が注目されているワケ

えっ…生活習慣病のリスクも!? 乱れがちな食生活はコレで回避

「毛穴の黒ずみ」が消える!? 杉本彩もドはまりの●●がすごいクレンジング

 

【参考】

※ 18 Of The Most Beautiful Parts Of Weekends In Adulthood – THOUGHT CATALOG