ゲッ…夫の精子がダメになる!最悪7割以下になる「飲酒が及ぼす悪影響」

by 坂本正敬 |

健康・病気, , ,

ゲッ…夫の精子がダメになる!最悪7割以下になる「飲酒が及ぼす悪影響」

この年末年始、ご主人はかなりのお酒を飲んだのではないでしょうか? 筆者も普段はほとんどお酒を飲まないのですが、この時期はやはり飲む機会が増えます。

「うちなんか、年末年始に関係なくいつでも飲んでいる……」という方もいるはずですが、実はお酒の飲み過ぎは“精子の数や質”に影響を及ぼすとご存じですか?

今まさに子どもを授かろうとしているご夫婦には、ちょっと無視できない話ですよね。そこで今回は、南デンマーク大学の行った調査を基に、“どのくらい飲むと精子に悪影響が出るのか?”をまとめたいと思います。

 

■不妊の原因に!? お酒の飲み過ぎは精子に悪影響も

分かる範囲でいいのですが、ご主人は1週間にどの程度のペースでお酒を飲んでいますか?

欠かさず晩酌をしているとすれば、1週間で最低でも7杯。一晩で2杯程度飲むご主人だったら14杯。プラスして週末に飲み会にも参加していると、20杯くらいは飲んでいるかも……。

南デンマーク大学の論文によると、1週間に5杯以上お酒を飲んでいる男性は、精子の数や質が低下する恐れがあるとされています!

もちろんこの調査はデンマーク人が対象。日本人にはまた違った結果が出るとも考えられます。

しかし、一般的に黄色人種は白人よりもアルコールに弱く、厚生労働省によれば日本人の半分はちょっとのお酒でも顔が赤くなったり、胸がバクバクしたり、頭痛などが起こったりする“弱い人”が多いとか。

そう考えると、ちょっと心配ですよね?

 

■男性の節度あるお酒の量は1日2杯まで

同大学が行った実験は以下の通り。18歳から28歳のデンマーク人1,221人に対して普段のお酒の飲み方を聞き、その上で精子の状態を調べました。

結果として、1週間で5杯以上のお酒を飲んでいる人の精子は、飲んでいない人に比べて“量も質も低下している”と分かりました。

また、その傾向は飲む量が増える男性ほど明らかで、週に40杯(1日7杯、ほぼ毎日深めの飲み会に参加している状態)を飲んでいる人は、1杯~4杯飲んでいる男性と比べて、なんと33%も精子の濃度が下がっていたのです。

厚生労働省によると、節度のあるお酒の量は男性の場合、1日2杯までとされています。しかし、毎日続けてしまえば14杯。お酒を飲んで赤くなる男性は、半分の1日1杯までにとどめるべきだとされていますが、それでも毎日飲めば1週間で7杯。

「子どもを授かりたい」と思っているご家庭では、その期間だけでもお酒を控えさせた方がいいかもしれませんね!

 

以上、“1週間で5杯以上のお酒が精子に及ぼす悪影響”についてお話しました。他にも、さまざまな健康被害が考えられますので、飲み過ぎにはよ~く注意したいですね。

(ライター 坂本正敬)

 

【Specialコンテンツ(PR)

※ 周りの視線が痛い…アラフォーママが「薄毛を実感するシーン」3つ

※ 料理に混ぜるだけ!フリーアナウンサー高橋真麻さん愛用の美のパウダー

※ 結局何が良いの!? 驚くほどの栄養たっぷりミドリムシ

 

【関連記事】

ゲッ…毎日食べさせてる!あなたの夫の「EDがどんどん悪化する」NG食べ物

自宅のゴミから一目瞭然!「夫のEDがどんどん悪化する」家の特徴3つ

タバコ級にヤバい!毎日飲むと「4.6歳も細胞が老化」する飲み物とは

 

【姉妹サイト】

※ そのままじゃヤバイ!「共働きレス夫婦」にありがち旦那の本音3つ

※ 食後15分横になるだけ!医師が教える「ゴロ寝で痩せる」夢の方法とは

 

【参考】

Habitual alcohol consumption associated with reduced semen quality and changes in reproductive hormones; a cross-sectional study among 1221 young Danish men – University of Southern Denmark

アルコールの吸収と分解 : e-ヘルスネット – 厚生労働省