捨ててはダメ!水切りヨーグルトの「水」がすごいことが判明

by 丸子かおり |

健康・病気, , ,

“水切りヨーグルト”はご存じでしょうか?

ヨーグルトをガーゼやキッチンペーパーを敷いたザルに乗せて水分を切ったものです。濃厚な味が楽しめてヘルシーな食材としても使えるので、塩ヨーグルトとならんで今、人気です。ご家庭で作っている方もいるのではないでしょうか。

しかし、切った後の水分を「いらないから」と捨てるのはもったいない。

実は、この水分は“ホエー(乳清)”と呼ばれ、水溶性のタンパク質や乳糖、水溶性ビタミン、ミネラル分をたっぷり含んでいて、なおかつ低脂肪なので昔から美容・健康にいいと注目されているのです。

では、どんな効果が期待できるのか説明していきましょう。

 

■筋肉作りに役立つ乳清タンパク質で不健康なダイエットにさよなら

ホエーの中には様々な種類のたんぱく質が含まれているのですが、これが筋肉を作るのにいいということで、”ホエイプロテイン”としてアスリートが摂っているのです。

筋肉を作る、というと太ってしまいそうなイメージがありますが、ダイエットでは筋肉が痩せることで基礎代謝が減り痩せにくくリバウンドしやすい身体になってしまいます。

健康的にダイエットをするためには、カロリーを減らす一方でホエーをとりつつ運動をしていくことをオススメします。

 

■ホエーは満腹ホルモンの分泌を促進しドカ食いを防止

食べたいものを我慢してダイエットをすると、その反動で思いっきり食べたくなってしまいます。いわゆる“ドカ食い”ですね。ホエーは、そんなドカ食いを抑える働きがあります。

というのも、私たちがものを食べると消化管からコレシストキニンというホルモンが分泌されるのですが、これがいわゆる満腹ホルモンと一般で呼ばれているものです。ホエーの中に含まれるグリコマクロペプチドというペプチドは、コレシストキニンの分泌を促進することで満腹感を感じる度合いを高めてくれます。

ダイエットで辛く感じる空腹感を抑えるのにホエーはうってつけ、というわけですね。

 

■ホエーには化粧品の美肌効果と同じ成分が入っている!?

ホエーにα‐ヒドロキシ酸と呼ばれるものが含まれています。α‐ヒドロキシ酸は、フルーツ酸のひとつとして使われていて、別名“AHA”と呼ばれているのです。

AHAは肌のガサガサを抑えて柔らかくし、古くなった角質をはがすということで人気の成分。食べて効果があるかどうかは分かりませんが、最近ではヨーグルトを使ったパックに代わってホエーでパックをする方も増えています。

 

■ストレスを減らして良質な眠りを誘う働きも

よく「不眠に暖めた牛乳を飲むといい」と言われますが、ホエーも眠れない人にオススメです。

ホエーの中のβラクトグロブリンやαラクトアルブミンというたんぱく質は、精神を鎮めて眠りを誘う作用があります。仕事などのストレスで眠りたくても眠れない、または眠りが浅い、という人は飲み物に入れて寝る前に飲んでみるのがいいでしょう。

 

ヨーグルトから分離している液体、パックの中にも溜まっているので邪魔だと思ってしまいがちですが、実は美容にも健康にも役に立つ成分がいっぱい。実際、ホエーを使った栄養食品がいろいろ販売されています。

 

水切りヨーグルトを作って残ったホエーは、捨てずに料理に取り入れる工夫をしたいものです。

 

【関連記事】

実は優秀?水切りヨーグルトの「水」の料理活用ワザ5つ

ボロボロ肌は卒業!美肌の味方「塩ヨーグルト」とは

紫外線だけが原因じゃない!女性の敵「シミ」に対抗する栄養素3つ

口にするだけで胃の病気を予防できる「魔法の食べ物」

シミそばかすの元!?身体がどんどん糖化しちゃう悪習慣3つ