あぁ今すぐ欲しい交際テク!「誰でも会話が途切れない」話術3つ

by 並木まき |

人間関係, , ,

大人になると、好き嫌いだけでなく様々な人と“そつなく”お付き合いをするスキルが求められますよね。

「あの人、苦手だから……」と無愛想にしていると、あなたの評判が落ちてしまうこともあるので気をつけなくてはなりません……。だからこそ、会話を途切れさせずに楽しく続けるコツがわかっていれば、円満な人間関係構築にも役立ちます。

でも、いざとなると「なかなか言葉が出てこなくて……」と、お悩みの人もいますよね?

そこで、8年間の市議時代に8万人以上と出会った筆者が、“誰でも簡単に会話が途切れない話し方”ができるようになるとっておきのコツを3つお伝えします。

 

■1:会話を振り返る

さっきまで盛り上がっていたのに、話題が変わった途端に気まずい空気が流れてしまった……というシーンで使えるテクが、ひとつ前の会話に戻る方法です。

「そういえば、さっきの話だけど、そのあと結局どうなった?」「そうそう、さっき聞きそびれちゃったのだけど、●●ってなに?」など、盛り上がっていた会話から糸口を探すと、気まずい雰囲気から脱出しやすくなるんです。

「あれ? 会話止まっちゃった……?」と感じたときには、ぜひ試してみてください。

 

■2:褒める

なにを返事したらイイのかわからない場面で会話を盛り上げるためには、相手の会話から“褒めることのできる要素”を見つけるのもオススメです。

本人の話題なら「すごいですね。そんな能力もお持ちなんですね」、お子さんの話題なら「お嬢さん、さすがですね。なかなかそこまで度胸のある子どもはいませんよ」など、相手が話題にしている対象をそのまま素直に褒めてみてください。

あからさまなお世辞だと思われてしまうと別ですが、一般的に褒められて不快になる人は少ないので、会話が盛り上がるとっておきのテクとして、使えますよ!

ただし、くれぐれもわざとらしくならないようご注意くださいね。

 

■3:目の前にあるモノ

何を話してもイマイチで会話の途中でたびたび途切れちゃう場合には、とりあえず目の前に見えているモノの話題を振ってみては?

目の前に犬がいれば、「あの犬、なんていう種類でしたっけ?」という話題から、「犬好きですか?」などの会話にも広げやすくなります。

似て非なるものとして、天気の話題は会話ネタを探す定番になっていてバレやすいので、できれば“モノ”の話題にしたほうが賢明でしょう。

 

いかがですか? 相手を苦手なワケじゃなくても、会話が途切れて気まずい空気が流れちゃうことってありますよね。会話は人間関係をつなげるための基本です。大人のマストスキルとして、ぜひ実践してみてください。

(ライター 並木まき)

 

【関連記事】

※ アァ悲劇!一瞬で「下品な女性」認定されるヤバい振る舞い3つ

※ 絶対言っちゃダメ…!良かれと思いきや「実は相手を深く傷つける言葉」2つ

※ 自ら不運を呼び寄せる!言っていると不幸になる「ヤバすぎる口グセ」3つ

 

【SPONSORED注目記事】

大人にもお勧め!子どもの集中力・記憶力欠如に必要な受験サプリがすごい

グンと若く見える!? 女性特有の薄毛の悩みに欠かせない驚異の成分

泣けるって話題…!? 「初めての親孝行」動画が注目されているワケ

 

【姉妹サイト】

※ これ知っておけば心配なし!「誰とでも会話がハズむ」3つのルール

※ レンジで15秒チンするだけ!名医オススメ「血管若返り」最強レシピ